MANTANWEB(まんたんウェブ)

プリキュア:声優陣に受け継がれる伝統は? 本名陽子から引坂理絵へ

アニメ
「HUGっと!プリキュア」の野乃はな(キュアエール)役の引坂理絵さん(左)と「ふたりはプリキュア」の美墨なぎさ(キュアブラック)役の本名陽子さん

 人気アニメ「プリキュア」シリーズ(ABC・テレビ朝日系)の劇場版最新作「映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」(宮本浩史監督)が27日、公開される。シリーズ15周年記念作品で、歴代プリキュアが総登場することも話題になっている。2004年にスタートした「ふたりはプリキュア」の美墨なぎさ(キュアブラック)役の本名陽子さん、放送中の「HUGっと!プリキュア」の野乃はな(キュアエール)役の引坂理絵さんに、シリーズに受け継がれる伝統について聞いた。

 ◇初代との共演は不思議

 引坂さんは「プリキュア」に特別な思いがあった。「『ふたりはプリキュア』を見ていた時は、この職業になるとは思っていませんでした。(本名さんと)並んで参加させていただくとは……。本当にうれしいですし、こういうすてきな運命があるんだ!とずっと不思議な気持ち。初代とご一緒になれるなんて!」と明かす。

 本名さんは「初代と呼ばれるのは、シリーズとしてバトンがつながっているからこそ。これまでの変遷があり、それぞれのチームにそれぞれの色があって、積み重なっているんですよね」と感慨深いようだ。

 ◇それぞれの作品がそれぞれのカラーで

 シリーズの生みの親とも呼ばれる東映アニメーションの鷲尾天プロデューサーは以前、インタビューで「プリキュア」に共通するヒロイン像について「りりしくあること、よく食べることを大切にしています」と話していた。その伝統は受け継がれているが、声優にも受け継がれている伝統、教えのようなものはあるのだろうか? 引坂さんは「明確な教えのようなものはなく、それぞれの作品でそれぞれのカラーでいいというお話でした」と明かす。

 本名さんは「私の場合、(キュアホワイト役の)ゆかなさんとご一緒するのは初めてでした。常に寄り添うのではなく、お互い自立していて、盟友みたいな関係です」、引坂さんは「『HUGっと!』は、みんなが広げた手の中に私がスポっとハマっているイメージ。座長とも言われますが、それにとらわれず、みんなにいっぱいハグっと抱きしめてもらっています」と、カラーはそれぞれなようだ。

 ◇本名、ゆかなの絆にウルウル

 新作映画は「想い出」がテーマで、キュアエールとキュアブラックが、プリキュアの思い出を奪い、口癖や技をコピーする特殊能力を持つミデンを倒すために立ち上がる。キュアエールとキュアブラックはテレビアニメ「HUGっと!プリキュア」でも共に戦った。

 引坂さんは劇場版で本名さんと再び共演することを「きたー!とテンションが上がりました。お会いする度に緊張するのですが、こんなことがあっていいのだろうか!?とすごく緊張しました。(劇場版が)公開されるまでこの感覚が続くのかな?」と喜ぶ。

 本名さんとキュアホワイト役のゆかなさんについては「お二人がいらっしゃったからこそ乗り越えられたところもあります。力をもらえるんですね。二人の演技を見て、絆を感じてウルウルしました」と感動したようだ。

 プリキュアたちの口癖などをまねする敵のミデンを宮野真守さんが演じることも話題になっている。本名さんは「宮野さんにまねしてもらえるなんてうれしい。演じ分ける姿を見ていて、うれしかったですね。ミデンがなぜ、まねをするようになったのかも大事なポイント。泣きそうになったところもあります」と話す。

 引坂さんは「(HUGっと!プリキュアの)第1話をほうふつさせるせりふも出てきて、感動しました。ただ、第1話の時と今では違います。はなと一緒に成長させていただいているんだ!と実感しました」とも語る。

 劇場版最新作は見どころが満載。「プリキュア」シリーズの歴史、声優陣の絆などを感じられる作品になっているようだ。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る