MANTANWEB(まんたんウェブ)

西郷どん:【悲報】国父・久光、大久保に見捨てられる 「上下関係が逆転」「まるで恋人に…」

テレビ
NHK大河ドラマ「西郷どん」第40回「波乱の新政府」の一場面 (C)NHK

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務めるNHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」の第40回「波乱の新政府」が28日放送され、“薩摩の国父”島津久光(青木崇高さん)が大久保利通(一蔵、瑛太さん)に“見捨てられる”シーンが描かれ、視聴者の注目を集めた。

 大久保は、新政府に不満を持つ士族と久光を引き離そうと岩倉具視(笑福亭鶴瓶さん)と画策。薩摩から西郷隆盛(鈴木さん)と共に久光も新政府に引き入れようとするが、久光は仮病を使い東京行きを拒む。大久保は、そんな“かつての主君”久光に「私はもう島津ではなく天子様に仕える身です」と立場の違いを突きつけると、涙を流しすがる久光をその場に残し去る……。

 同シーンに対して、SNSでは「久光と一蔵の上下関係が逆転したな」「国父様、捨てられた」「【悲報】国父様、大久保どんに見捨てられる」「まるで恋人に捨てられたかのような国父様」「あーあ、泣いちゃったよ国父様」「国父様の顔芸を堪能できてうれしゅうございもす」と盛り上がりを見せた。

 また、第40回では西郷に同行し、熊吉(塚地武雅さん)が上京。視聴者は「熊吉が東京にまで来ちゃった」「熊吉さんが一緒に東京に来てくれて良かったね」「熊吉マジ天使」「熊吉は癒やし」と出番の多さ(?)でファンを喜ばせていた。

 第40回「波乱の新政府」は、新政府への不満が高まる中、大久保と岩倉は、薩摩から西郷と島津を新政府に引き入れようとするが、久光は東京行きを拒む。一方で西郷は、日本の近代化を一気に推し進めるため、「廃藩置県」を断行したいという大久保に賛同。明治4(1871)年、熊吉を連れ、上京する。しかし西郷は、資金がないと言いながら、ぜいたく三昧な日々を送る新政府の役人たちに違和感を抱き……という展開だった。

 「西郷どん」は大河ドラマ57作目で、西郷隆盛の生涯を描く。NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る