大恋愛:視聴者がハマる三つの理由 戸田恵梨香×ムロツヨシの相乗効果

戸田恵梨香さんとムロツヨシさんが出演するドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の第4話の1シーン(C)TBS
1 / 1
戸田恵梨香さんとムロツヨシさんが出演するドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の第4話の1シーン(C)TBS

 女優の戸田恵梨香さんと俳優のムロツヨシさんが出演するドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)の第4話が2日、放送された。ラストシーンでの展開に、SNSでは「毎回ラストシーンが衝撃すぎ」「早く来週になってほしい!」など大反響を呼んでいる。ドラマは、“ラブストーリーの名手”大石静さんがつむぐ切ない純愛物語で、視聴率も右肩上がり。これほどまでに視聴者がハマる理由を探った。

 ドラマは、若年性アルツハイマーを患う医師の北澤尚(戸田さん)と、尚を支える恋人の元小説家・間宮真司(ムロさん)の10年にわたる切ない純愛物語。「セカンドバージン」(NHK総合)などで知られる脚本家の大石さんが手がけるオリジナル作品だ。ムロさんは、本格ラブストーリーの連続ドラマに初出演。

 ◇胸キュン&切なさを描く脚本

 「ラブストーリーの夢を描いている」。こう語ったのは、脚本を手がけた大石さんだ。例えば、第2話では、“これからも尚と一緒にいたい”という思いを真司らしいせりふで伝えた後、真司がキスをしようとすると、尚が手で阻止。真司が「ここキスするところじゃないの?」と聞いたシーン。第4話では、尚が真司に連続キスする場面があり、視聴者を胸キュンさせた。

 大石さんは、「(病気が描かれ)苦しいところもあるかもしれないけれど、私はなるべく楽しいシーンで胸キュンしてもらいたいと思って」と話すように、ドラマの中では胸キュンシーンが描かれ、SNSでも「大恋愛。キュンキュンが止まらない」「ムロキュン」などと反響を呼んでいる。

 今後は、回を追うごとに、切なさが増幅することが予想されるが、こうした胸キュンシーンがあるからこそ、よりドラマが魅力的となっているのではないだろうか。

 ◇尚の笑顔を引き出すムロツヨシ

 ドラマが放送されて以来、SNSでは戸田さんの可愛らしさや、ムロさんのイケメンぶりが注目されていたが、回を重ねるにつれて、「こんなに幸せになってほしいドラマの中のカップルっていない」「気づいたら2人を応援したくなっている」などと2人を応援する声が上がっている。

 中でも「画面を見ている視聴者たちはこの先が分かっているから、余計にその美しくて幸せな笑顔がはかなくてくぎ付けになる」といったような“尚の笑顔”についてのコメントも多い。戸田さん自身も「“尚の笑顔”というのをすごく大事にしている」といい、「普通に台本読んでいて、笑えるようなところじゃなくても、尚は楽しんで笑っていたりとかするようにしていますね」と明かしている。

 そんな尚の笑顔を引き出すのが、ムロさん演じる真司だが、大石さんは「戸田さん、ムロさんのコンビがいいんです。特別相性がいい。この組み合わせが、戸田さんの可愛らしい演技を引き出すんじゃないかと思うんです」と分析する。

 ムロさん自身も、戸田さんの印象について「もともと数回共演したことがあるので、変な話、お互い過去の作品で信頼関係はできているところはあります」とコメントしている。

 ◇戸田「キャリアを捨てた」 ムロ「一つのルールは消した」 戸田×ムロの相乗効果

 8月に30歳になった戸田さんは「私の今までのキャリア、実績なんてものは不確かで、何のあてにもならないんだっていうので、それを30歳で捨てました」と語っている。これまでのキャリアを捨てた戸田さんにとって、その一つ目の作品が「大恋愛」だ。

 一方、19歳で役者を志し、今年で23年目となるムロさんは、これまでについて、ある程度多くの人が選ぶであろう選択肢を、「あえて選ばないようにしていた」と告白。「『大恋愛』もしくは、ここ数年の呼んでいただいた映画やドラマで、“みんなが選ぶ選択肢”を選ばない選択をしなくても済むようにはなりました。一つのルールは消したというところですよね」と語っている。

 第4話のラストシーンの撮影現場では、戸田さん、ムロさん、金子文紀監督と3人で、「尚、真司のそれぞれの気持ち」や「本音はどこにあるのか」などについて真剣に話し合う姿があった。こうした作品に真摯(しんし)に向き合う姿勢が、登場人物たちの魅力をより際立たせ、視聴者は感情移入できるのかもしれない。今後の展開に目が離せない。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る