KAT-TUN上田竜也:ドラマ「節約ロック」で主演 節約サラリーマンに ライバル役にジャニーズWEST重岡大毅

テレビ
来年1月スタートの深夜ドラマ「節約ロック」の重岡大毅さん(左)と上田竜也さん(C)NTV・JS

 人気グループ「KAT-TUN」の上田竜也さんが、来年1月スタートの深夜ドラマ「節約ロック」(日本テレビ)で主演を務めることが18日、分かった。上田さんはロックを愛する30歳の独身サラリーマン・松本タカオ役で、散財癖のせいで彼女から捨てられてしまい、彼女を取り戻すために節約を決意するという役どころ。また、タカオの恋と節約のライバル・稲葉コウタ役で「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんが出演すること、主題歌をKAT-TUNが担当することも発表された。

 ドラマは、「人は見た目が100パーセント」などのマンガ家・大久保ヒロミさんが「eBookJapan」で連載中のマンガ「節約ロック」が原作。松本タカオは浪費癖のせいで3年間付き合っていた恋人・マキコに捨てられてしまう。「節約や貯金などロックではない」と抵抗しつつも、マキコを取り戻すために節約してみると、“心の貯金箱”にお金がたまる音が心地よく、また節約とロックに意外なつながりがあることを見いだし、「節約ロッカーとなって貯金をし、マキコを取り戻す」ことを決意する……という内容。

 重岡さんが演じるタカオのライバル・稲葉コウタは、タカオの元カノ・マキコに近づく節約マニアの爽やかイケメン。ド天然のカワイイ系男子で、天性の“陽キャラ”。マキコと食事をしていたところをタカオに目撃され、強烈なライバル意識を抱かれる。

 ドラマは同局の深夜ドラマ枠「シンドラ」で、2019年1月21日深夜0時59分スタート。

 ◇上田竜也さんのコメント

 コメディー作品に出演するのは初めてのことで、僕が演じるタカオというキャラクターも自分とはかけ離れている部分が多いのですが、共演者の皆さんとの台本の読み合わせ中に笑ってしまったり、楽しい空気を感じながら演じていくことが今はすごく楽しみです。その空気感も、どう視聴者の皆さんに伝わるかなと考えてワクワクしています。

 あまり後輩と一緒にドラマのお仕事をする機会がないので、共演する重岡との関係も撮影が進むにつれ、どう変化をしてくのか。そういった部分も楽しみにしています。

 自分が今までにチャレンジしたことがない役で、演技をする上ではすごく悩む部分も多いのですが、うまく役にはまったとき、全く今までと違う上田竜也を見せられると思うので、そこを楽しんでいただけたらいいなと思います。

 ◇重岡大毅さんのコメント

 上田君とドラマでご一緒できると聞いたときは、びっくりしましたが、原作も読ませていただいて、このお話を先輩と作り上げていけることがすごく楽しみです。

 上田君演じるタカオと僕が演じる稲葉のライバル関係はドラマが進むにつれ変化していくので、上田君のお芝居にしっかり合わせられるように頑張っていきたいなと思ってます。

 2人の掛け合いで息がぴったり合えばすごく面白くなるはずなので、きっと視聴者の皆さんにも笑っていただけると思います。

 深夜におなかを抱えて笑っていただけるような稲葉を目指して頑張りますので、ぜひ楽しみにしていてください。

 ◇原作者・大久保ヒロミさんのコメント

 「節約ロック」がまさかのドラマ化……。さらにはタカオ役があのイケメン、上田竜也さん……! いいんでしょうか……。

 重岡大毅さん演じる稲葉も、どんな癒やしキャラになるのか楽しみです。

 そしてマンガでは絶対表現できないあの音が聴ける……!

 ドラマならではの世界観を、一視聴者としてとても楽しみにしています。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る