MANTANWEB(まんたんウェブ)

SUITS/スーツ:第8話 織田裕二が矢田亜希子のピンチ救う? 中島裕翔&今田美桜のキスに新木優子は…

テレビ
連続ドラマ「SUITS/スーツ」第8話のシーンカット=フジテレビ提供

 俳優の織田裕二さん主演のドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系、月曜午後9時)。26日に放送される第8話の予告映像では「事務所内部にスパイ!?」「裏切りによるクビ切り!!」といったテロップが登場するほか、「波乱の三角関係」というテロップと共に、「鈴木大輔」こと大貴(中島裕翔さん)と谷元砂里(さり、今田美桜さん)のキスを真琴(新木優子さん)が目撃してしまうシーンなどが収められている。同話には、矢田亜希子さんがゲスト出演する。

 第8話は、甲斐(織田さん)は、大貴らと共に、大手建設会社「烏丸建設」を相手取った集団訴訟に取り組む。この案件は、烏丸建設が一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴えた、原告団総勢462人という大きな訴訟。しかし、一審で東京地裁は原告団の請求を棄却していた。

 甲斐は、原告団代表の水原美咲(矢田さん)、佐藤鈴子(宍戸美和公さん)たちから話を聞く。そこで、一審を担当した原告団の弁護士が、裁判の直前になって過去のスキャンダルでたたかれ、廃業にまで追い込まれていたことを知る。その裏には、烏丸建設の顧問弁護士で、甲斐の後輩でもある「スタンリー法律事務所」の畠中美智瑠(山本未來さん)が関わっているといううわさを聞く。そこで甲斐は、美智瑠が代理人となった過去の裁判を徹底的に調べるよう大貴たちに指示する。

 そんな中、甲斐のもとに、甲斐たちが作成した原告団情報を含む社外秘の資料を持った美智瑠が現れる。それを受け、チカ(鈴木保奈美さん)は蟹江(小手伸也さん)に“情報漏えい”した者を探すよう命じる……という展開。

 「SUITS/スーツ」は、米人気ドラマ「SUITS」の第1シーズンが原作。織田さん演じる敏腕ながら傲慢な弁護士・甲斐正午と、“完全記憶能力”を持つその日暮らしの天才フリーター鈴木大貴という相いれない2人が組んで、難しい訴訟をさまざまな手段で解決していく姿を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る