MANTANWEB(まんたんウェブ)

余貴美子:初の鑑識役で北大路欣也主演ドラマ「記憶捜査」に 宅麻伸、石黒賢らも出演

テレビ
2019年1月スタートの連続ドラマ「記憶捜査~新宿東署事件ファイル~」に出演する(上段左から)内田朝陽さん、松本大志さん、勝野洋さん、(下段左から)宅麻伸さん、

 俳優の北大路欣也さんが主演する、2019年1月スタートの連続ドラマ「記憶捜査~新宿東署事件ファイル~」(テレビ東京系)の追加キャストとして、俳優の内田朝陽さん、松本大志さん、勝野洋さん、宅麻伸さん、石黒賢さん、余貴美子さんが出演することが13日、分かった。

 ドラマは、東京・新宿が舞台。新宿東署刑事課の、警察官が認知した犯罪を「刑法犯認知情報票」として警視庁にデータ送信する部署・司法係の警察官たちの活躍を描く。北大路さん演じる鬼塚一路は、定年間際の最後の事件で犯人に刺されて両足の機能を失い、車椅子生活となったが同課司法係長に再任用される。新宿東署には新人時代と定年間際の2度所属し、昭和と平成の記憶を頼りに、刑事が認知していても動けない“手付かず案件”を捜査する。風間俊介さん、上白石萌音さんも出演する。

 今回発表された追加キャストが演じるのは、新宿の街を守る面々。内田さんは新宿東署捜査一係・山崎清、松本さんは同じく捜査一係・本多太一、勝野さんは新宿東署署長・烏丸将司を演じる。宅麻さんは警視庁捜査一課長・十河正美役、石黒さんは捜査一係長・栗田史郎役、余さんは鑑識係長・木地本淳子役で出演する。

 ドラマは19年1月18日から毎週金曜午後8時放送。

 ・キャストのコメントは以下の通り(原文のまま)。

 ◇内田朝陽さんのコメント

 オファーいただき光栄で、同時に最高の緊張感をいただきました。台本に生きている人物たちの存在感と体温が、桁違いな作品だからです。山崎を演じる上で、僕自身の興味や関心、食べ物の選択など色々と変わりました。1話から最終話まで没頭できる作品です。ぜひお見逃しなく。

 ◇松本大志さんのコメント

 「記憶捜査」は今までの刑事ドラマとは一味違う、また昭和と平成を象徴しているかのような、平成最後の刑事ドラマとしてすごく楽しんでいただける作品になると思います。キャストの皆さんもすごく個性的で見どころが沢山あります。僕も初めての刑事役として皆さんに新しい姿を見ていただけるよう頑張っていきます。

 ◇勝野洋さんのコメント

 北大路さんとご一緒できるということが喜びであり、非常に興奮しております。台本に深みがあり、久々の良い刑事ドラマになるのではないかと思っています。

 素晴らしいキャストがそろっているので、ぜひ楽しみにしてください!!

 ◇石黒賢さんのコメント

 来年は元号も変わるということで、昭和をノスタルジックな思いで振り返り、平成に別れを告げて新しい元号を迎えられるような作品です。(昭和と平成で)街の風景も変わっているので、そういったことも合わせて事件のトリックに移り変わる街の風景や表情も楽しんでいただけたらなと思います。

 ◇余貴美子さんのコメント

 鑑識の役は初めてで職業体験をしている子供のようにワクワクしております。「記憶捜査」は現存する新宿という街を舞台に物語が進んでいきますが、本作を楽しみにしてくださっている方々にも故郷や今を生きる街など様々な思い出深い街があると思います。本作を通じて、改めて思い出に浸っていただけるよう努めてまいりますので、どうぞご期待ください。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る