MANTANWEB(まんたんウェブ)

大恋愛:感動の最終回に大反響!「大号泣」「目腫れそう」 “ムロロス”も(ネタバレあり)

テレビ
ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」に出演した戸田恵梨香さん(左)とムロツヨシさん

 女優の戸田恵梨香さんと俳優のムロツヨシさん出演の連続ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)の最終回となる第10話が14日に放送された。10年にわたる愛の物語が完結し、SNSでは「大恋愛見て大号泣」「久々にドラマでこんなに泣いた」「大恋愛いいドラマだった」などの声が上がった。

 ドラマは、若年性アルツハイマーを患う医師の北澤尚(戸田さん)と、尚を支える元小説家・間宮真司(ムロさん)の10年にわたる切ない純愛物語。「セカンドバージン」(NHK総合)などで知られる脚本家の大石静さんが手がけたオリジナル作品で、ムロさんは本格ラブストーリーの連続ドラマに初出演だった。

 最終回は、家族に何も告げず、手紙と携帯電話を残し姿を消した尚。真司は警察に相談するが、事件性が確認できないため動けないと言われてしまう。薫(草刈民代さん)と侑市(松岡昌宏さん)も駆けつけ、病院にも尚の行方を確認するが、情報はなく……。それから8カ月。尚の消息を案じ、テレビの行方不明者捜索番組で薫が情報提供を呼びかけることに。ラストには、温かな奇跡が起こり……という展開だった。

 脚本を手がけた大石さんは、自身のブログで、「夫婦の愛とは……人生とは……を問いかける最終回も、ぜひご覧くださいね」と呼びかけていた。放送当日、同局の昼の情報番組「ひるおび!」に出演したムロさんは、「(見どころは)一つの奇跡ですね。最後に笑う戸田恵梨香、尚ちゃんを本当に見ていただきたいと思います。伝説の最終回です。伝説の最終回です」とアピールしていたが、SNSでは「中盤から号泣が止まらなくて最後は声が出るくらい泣いた」「大恋愛感動しすぎて目腫れそう」「オリジナルでここまで描けた脚本家は素晴らしい」などの声が上がった。

 最終回を迎える心境について、ムロさんは「終わりたくなかったです。できれば(来年の)1月期もやりたかったです」と告白。戸田さんも、「虚無感がすごくて。終わりたくなかったなとすごい思いました。寂しいですね」と話していたが、SNSでは「大恋愛終わってしまった…」「大恋愛ロス」「もっと二人のイチャイチャ見たかったよ…」といった声が上がった。さらに、“イケメンぶり”が話題となったムロさんに対しては、「ムロロス」などの声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る