MANTANWEB(まんたんウェブ)

いだてん:主人公の子役に“素人さん” 演技経験なしも異例の抜てき 

テレビ
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で金栗四三の幼少時代を演じた久野倫太郎君 (C)NHK

 NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」の前半の主人公・金栗四三(かなくり・しそう、中村勘九郎さん)の幼少時代を演じる子役に、演技経験のない“素人”が起用されていることが13日、分かった。金栗四三の地元・熊本県出身の久野倫太郎君で、撮影当時の年齢は7歳。同局の大河ドラマや朝ドラ(連続テレビ小説)では、子役の演技レベルの高さが近年、話題に上がることも多いが、倫太郎君は全国規模で開催されたオーディションを経て、異例の抜てきとなった。

 ドラマのチーフ演出・井上剛さんによると、オーディションには当然プロの子役も参加。全国で「1000から1500(人)くらいに会ったり話をした」といい、「主人公が持っている独特の“田舎もん”な感じや素朴さ。作っていない感じ。何色にも染まっていない子を探していたら、やっと最後の最後で見つかったのが“素人さん”だった。どうしようかなって思ったんですけど、“ま、いいか”って(笑い)。あとは地元の子というのも大きかった」と経緯を明かしている。

 井上さんによると、撮影現場では倫太郎君に「台本も渡さなかった」といい、「幸いそんなにもせりふがなかったんですけど……うまいこと導きながら撮っていった。だから、すごい(倫太郎君の)素の部分が出て、大人の俳優もすごく刺激される。『そんな新鮮な顔をするんだ』とか、プロの役者さんにはない魅力がすごくよかった」と振り返った。

 倫太郎君は13日放送の第2回「坊っちゃん」に登場する。井上さんは同回の倫太郎君の演技について「すごく面白いものになっている」と自信を深め、「(史実の中の)金栗さん自身もオリンピックなんて何も知らなくて、健康になりたくて走っていただけなのに、そのまま世界に連れていかれる。あまり計算高くない感じの人が主役にはいいなって思ったので、こういった“素人さん”にしたのかもしれないですね」と推し量っていた。

 「いだてん」は、日本人が初めて五輪に出場した明治の終わりから、東京に五輪がやってきた1964年までの約半世紀を描く、宮藤官九郎さんのオリジナルストーリー。テーマは「東京とオリンピック」。近現代史の大河ドラマは、1986年の「いのち」以来33年ぶり。勘九郎さんが日本で初めて五輪に参加したマラソン選手の金栗四三、阿部サダヲさんが「東京オリンピック」実現に執念を燃やす政治記者・田畑政治(たばた・まさじ)を演じ、“リレー”形式で主演のバトンをつなぐ。NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る