闇金ウシジマくん:残り5話で連載終了 「スピリッツ」のダークヒーローマンガ

マンガ
“残り5話”で連載終了する「闇金ウシジマくん」(画像はコミックス第44巻)

 テレビドラマ、映画化された人気マンガ「闇金ウシジマくん」が“残り5話”で連載終了することが21日、明らかになった。21日発売の連載誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)8号で「国民的ダークヒーローマンガ、連載終了まで残り5話。さよならウシジマくん」と発表された。同作は2016年10月に最終章「ウシジマくん編」に突入していた。

 「闇金ウシジマくん」は、違法な高金利で金を貸す「カウカウファイナンス」社長の丑嶋(ウシジマ)が、不良債務者たちを容赦なく追い込む姿を描いている。04年から同誌で連載中で、11年に小学館漫画賞に選ばれた。コミックスが44巻まで発売されており、累計発行部数は1200万部以上。

 山田孝之さんが主演の実写版も人気で、3度にわたってテレビドラマ化、4度にわたって映画化された。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る