第91回アカデミー賞:「ROMA/ローマ」が最多10部門ノミネート 日本作品は「万引き家族」「未来のミライ」が候補に

映画 テレビ
第90回アカデミー賞授賞式の様子 Todd Wawrychuk A.M.P.A.S.

 世界最高峰の映画の祭典「第91回アカデミー賞授賞式」の各部門のノミネーションが22日に発表され、アルフォンソ・キュアロン監督の「ROMA/ローマ」が作品賞、外国語映画賞など最多10部門にノミネートされたことが分かった。また、ヨルゴス・ランティモス監督の「女王陛下のお気に入り」が助演女優賞に2人ノミネートされるなど9部門10ノミネートとなった。

 「ROMA/ローマ」はヤリッツァ・アパリシオさんが主演女優賞、マリーナ・デ・タビラさんが助演女優賞の候補に入ったほか、外国語映画賞、脚本賞、撮影賞、美術賞、録音賞、音響編集賞にもノミネートされた。

 日本作品では、是枝裕和監督の「万引き家族」が外国語映画賞、細田守監督の劇場版アニメ「未来のミライ」が長編アニメ映画賞に、それぞれノミネートされている。

 授賞式は2月25日(日本時間)に米ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催される。WOWOWでは「生中継!第91回アカデミー賞授賞式」と題して、WOWOWプライムで同日午前8時半から生中継する。案内役はジョン・カビラさんと高島彩さんが務める。

 ◇主要部門のノミネートは以下の通り。(敬称略)

 作品賞:ブラックパンサー▽ブラック・クランズマン▽ボヘミアン・ラプソディ▽女王陛下のお気に入り▽グリーンブック▽ROMA/ローマ▽アリー/スター誕生▽バイス

 監督賞:スパイク・リー「ブラック・クランズマン」▽パベウ・パブリコフスキ「COLD WAR あの歌、2つの心」▽ヨルゴス・ランティモス「女王陛下のお気に入り」▽アルフォンソ・キュアロン「ROMA/ローマ」▽アダム・マッケイ「バイス」

 主演男優賞:クリスチャン・ベール「バイス」▽ブラッドリー・クーパー「アリー/スター誕生」▽ウィレム・デフォー「永遠の門 ゴッホの見た未来」▽ラミ・マレック「ボヘミアン・ラプソディ」▽ビゴ・モーテンセン「グリーンブック」

 主演女優賞:ヤリッツァ・アパリシオ「ROMA/ローマ」▽グレン・クローズ「天才作家の妻 40年目の真実」▽オリビア・コールマン「女王陛下のお気に入り」▽レディー・ガガ「アリー/スター誕生」▽メリッサ・マッカーシー「キャン・ユー・エヴァー・フォーギヴ・ミー? 」(原題)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る