小芝風花:特撮オタク女子が当たり役に 朝ドラ「あさが来た」から3年…ついに確変?

テレビ
連続ドラマ「トクサツガガガ」で主演を務める小芝風花さん(左)

 女優の小芝風花さん(21)が主演する連続ドラマ「トクサツガガガ」(NHK総合、金曜午後10時)。「仮面ライダー」や「スーパー戦隊シリーズ」で知られる東映の協力で撮影された特撮パートのクオリティーはもちろん、劇中ヒーロー(ジュウショウワンやエマージェイソン)の造形からグッズ、起用声優に至るまで、特撮愛あふれる作り込みが早くも話題となっている。その一方で、主演女優として確かな演技を見せているのが主人公・仲村叶(かの)役の小芝さんだ。隠れ特撮オタクとしての妄想から葛藤、興奮に奮闘ぶりまで体現。当たり役になりそうな予感も……。

 ◇「魔女宅」キキ、「あさが来た」の千代を超えるインパクトは…

 2012年にドラマ「息もできない夏」で武井咲さんの妹役を演じ、女優デビューを果たした小芝さんだが、2014年の映画「魔女の宅急便」(清水崇監督)で主人公のキキを演じたことで、その名前を知ったという人も多いだろう。

 小芝さんは翌15年に発表された「第57回ブルーリボン賞」で新人賞を受賞。17歳のときのことで、その年の10月に放送が始まったNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「あさが来た」では、波瑠さん演じるヒロイン・あさの長女・千代役に抜てき。16年の1月から登場すると“母に反抗的な態度を見せる娘”を熱演し、お茶の間をにぎわせた。

 以降も数々のドラマや映画に出演と、順調に活躍の場を広げてきた小芝さんだが、巡り合わせもあってか、「魔女の宅急便」のキキ、もしくは「あさが来た」の千代を超えるようなインパクトを視聴者に与える機会はなかったようにも思える。

 同じく「あさが来た」で小芝さん演じる千代の親友・田村宜役でブレークし、ここ1、2年で大きく飛躍を遂げた吉岡里帆さん、今井家の女中・ふゆを演じ、10代では浜辺美波さんと並び、期待の若手として真っ先に名前が上がる清原果耶さんの活躍を見て、歯がゆい思いをしたファンもいたのではないだろうか。

 ◇NHK制作の良質なドラマに次々と 「女子的生活」では艶っぽい姿も披露

 かといって小芝さんの演技力が同年代の他の女優に劣っていたわけでは決してない。17~18年にかけて、「ヒロシマ8.6ドラマ ふたりのキャンバス」「女子的生活」「夕凪の街 桜の国2018」といったNHK制作の良質なドラマに次々と起用されていることが何よりの証拠だ。

 中でも「トクサツガガガ」と同じ「ドラマ10」枠で1年前に放送された「女子的生活」では、“まがいもののくせに透明感がすごい”小悪魔女子に扮(ふん)し、初回からトランスジェンダー役の志尊淳さんとのキスにホテルでの“ベッドイン”と、艶っぽい姿も披露していた。

 ◇妄想特撮オタク女子も持ち前の愛らしさで! 「キレイになった」の声も

 一方、今回の「トクサツガガガ」における叶は「女子的生活」の小悪魔女子とは大きく異なる役どころ。妄想がちで一人語りが多く、表情も豊かで動きもコミカルと、一歩間違えれば見ている側が“寒く”感じてしまうようなキャラクターでもある。しかし、小芝さんは持ち前の愛らしさを、役にきっちりとにじみ込ませることに成功。見た目は清楚(せいそ)な叶=小芝さんが特撮ヒーローに悶絶(もんぜつ)する姿を見て、胸が“キュン”しまった人も多いのではないだろうか。

 ハタチを過ぎ、最近は「キレイになった」という意見も多い小芝さん。またNHKとの縁の多さも特筆すべき点で、本人も自覚あり。以前のインタビューでは「今、私の3分の2はNHKさんでできていると言っても過言ではないぐらい、お世話になっていて」と語っていたが、次のNHK作品が朝ドラヒロイン、なんてことになっても驚きはしないだろう。

 映画「魔女の宅急便」から5年、朝ドラ「あさが来た」から3年、新たな当たり役を得て、確変を迎えようとしている小芝さんの活躍には今後も目が離せなくなりそうだ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る