MANTANWEB(まんたんウェブ)

トレース~科捜研の男~:第4話 科捜研の男が殺人? 錦戸亮が“仲間”山崎樹範の兄殺害事件を鑑定

テレビ
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」第4話のシーンカット=フジテレビ提供

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第4話が28日放送される。警視庁科学捜査研究所(科捜研)法医科に所属する法医研究員・相楽一臣(山崎樹範さん)の兄・浩司(やべきょうすけさん)が遺体で発見され、同研究員の真野礼二(錦戸さん)と沢口ノンナ(新木優子さん)らが臨場する。同話の予告映像では、「被害者は研究員の兄!」「容疑者は『科捜研の男』!?」などのテロップが流れる。

 遺体は浩司のアパートで発見され、第一発見者は、大家から浩司と連絡が取れないと言われ、アパートを訪れた相楽だった。死因は、頸(けい)動脈を切られたことによる失血死で、凶器は部屋にあった包丁。室内は荒らされており、財布や預金通帳などがなくなっていた。刑事の虎丸良平(船越英一郎さん)は遺体に首以外の傷がないことから、強盗に見せかけた顔見知りの犯行だと主張する。

 真野らの鑑定の結果、室内から浩司以外のDNA型は見つからなかった。しかし、真野は収納ボックスの引き出し内に付着した一滴の飛沫血痕が気になった。虎丸が主張するように、犯人が浩司を殺してから強盗に見せかけて部屋を荒らしたのなら、引き出しの内側に血痕がつくはずはないからだ。同じころ、事情聴取を受けた相楽は、浩司とは「何年も会っていない」と話す。浩司はうそを並べて家族や友人から多額の借金をしており、自身も300万円ほど貸したままだと明かし、「アイツは殺されても仕方のないうそつき野郎」と言い放つ。

 浩司は、金を借りた相手と金額を書き残していた。虎丸らは、そのリストを基に犯人を絞り込む。そんな中、ノンナは、事情聴取から戻った相楽に、犯人が最初に部屋を荒らしていたことを報告。鑑定依頼もない作業をしている真野とノンナにいら立つ相楽は「余計なことはするな」と怒りをぶつける。その矢先、浩司の携帯電話の履歴で、事件の3日前に相楽に何度も電話していたことが判明。その日、2人が会っていたことも分かり……というストーリー。

 「トレース~科捜研の男~」は科捜研の元研究員だった古賀慶さんがマンガ誌「月刊コミックゼノン」(ノース・スターズ・ピクチャーズ)に連載中のマンガ「トレース~科捜研法医研究員の追想~」が原作。錦戸さん扮(ふん)する科捜研法医科に所属する法医研究員・真野礼二が難事件を解決に導く姿を描くサスペンス。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る