トレース~科捜研の男~:第5話視聴率10.0%で2桁キープ 矢田亜希子らがゲスト出演 錦戸亮主演サスペンス

テレビ
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」でヒロインを演じている新木優子さん

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の5話が4日に放送され、平均視聴率は10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)と、2週連続で2桁をキープした。

 「トレース~科捜研の男~」は警視庁科学捜査研究所(科捜研)の元研究員だった古賀慶さんがマンガ誌「月刊コミックゼノン」(ノース・スターズ・ピクチャーズ)に連載中のマンガ「トレース~科捜研法医研究員の追想~」が原作。錦戸さん扮(ふん)する科捜研法医科に所属する法医研究員の真野礼二が難事件を解決に導く姿を描くサスペンス。科捜研の新人法医研究員の沢口ノンナを新木優子さん、警視庁捜査1課刑事の虎丸良平を船越英一郎さんが演じている。

 第5話は、矢田亜希子さん、山本舞香さん、滝沢沙織さん、石垣佑磨さんらがゲスト出演。真野は殺害された海東奈津美(滝沢さん)の事件を鑑定することになり、奈津美の遺体の周辺から、18年前に誘拐され、行方不明のままになっている島本ユウ(山本さん)の毛髪が発見される。虎丸は、今もユウちゃんの行方を捜している母・島本彩花(矢田さん)に事情を伝え、協力を要請する。そんな中、真野は、明日が休日だというノンナに、予定がないなら付き合ってほしい、と声をかけ……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る