MANTANWEB(まんたんウェブ)

松田るか:“アイドル衣装”でリリイベ登場 「ゴクドルズ」撮影はハードも「青春だった」

映画 マンガ
映画「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」に登場するアイドルグループ「ゴクドルズ」のデビューアルバム「IDOL Kills」のリリースイベントに登場した松田るかさん

 映画「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」(原桂之介監督)に登場するアイドルグループ「ゴクドルズ」のメンバーを演じている女優の松田るかさん、坂ノ上茜さんが16日、東京都内で行われた同アイドルのデビューアルバム「IDOL Kills」のリリースイベントに、劇中のアイドル衣装姿で登場した。同作やドラマ版の撮影について、松田さんは「めちゃくちゃハードだったなって……。ハードっていう言葉が生ぬるいぐらいハード」と表現しつつ、「ゴクドルズの3人が仲よかったし、現場の雰囲気がよかったので頑張れたなって気がします」と回顧。「青春だったよね」と笑顔を見せ、坂ノ上さんも「青春だった」と同意していた。

 元極道のアイドル・マリ役の松田さんは、撮影前にはアクションや演技の練習と並行してライブの振り付けの練習もしていたといい、その時期について「あまり鮮明には振り返りたくないですね。『あのときは一生懸命だったな』というぐらいがちょうどいい」と苦笑。ただ、「この現場を経験したので、この先、もうだいたいのことは大丈夫だと思います」と充実した表情で語った。

 また、今回のデビューアルバムについて、松田さんは「歌ったことのないジャンルだらけで……『ラップってどうやって歌うの?』って。ラップを作る方々って、リリックとかライムとか、カタカナ語を多用するのよ。まずその言語を調べるところから始まるよね。『バイブスが……』って。難しかったです」と苦労を明かしていた。

 映画はマンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されたジャスミン・ギュさんのマンガが原作で、極道を貫いてきた3人の男が性転換と整形でアイドルとしてデビューする……というストーリー。「ゴクドルズ」のメンバーを岡本夏美さん、松田さん、坂ノ上さんが演じている。

 デビューアルバム「IDOL Kills」は映画の主題歌や挿入歌、2月から放送されるドラマのオープニング曲など12曲を収録している。通常版は3000円(税抜き)。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る