メゾン・ド・ポリス:第6話視聴率9.9%で0.3ポイント回復 小日向文世は“伝説の刑事”? 水谷果穂が登場!

TBS系金曜ドラマ「メゾン・ド・ポリス」で主演を務める高畑充希さん
1 / 1
TBS系金曜ドラマ「メゾン・ド・ポリス」で主演を務める高畑充希さん

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」(TBS系、金曜午後10時)の第6話が15日に放送され、平均視聴率は9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。番組ワーストだった前週第5話の9.6%から0.3ポイント回復した。

 「メゾン・ド・ポリス」は、加藤実秋さんの小説「メゾン・ド・ポリス」シリーズ(角川文庫)が原作。高畑さん扮(ふん)する新米刑事の牧野ひよりが、退職警官だけが暮らすシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありのおじさまたちに振り回されながら事件を解決していく1話完結ドラマ。高畑さんは今回、トレードマークだったロングヘアを約20センチカットして初の刑事役に挑んでいる。

 第6話では、シェアハウス「メゾン・ド・ポリス」にある日、退職警官のおじさまの一人である高平(小日向文世さん)の娘・小梅(水谷果穂さん)が、ある盗難事件の捜査依頼でやってくる。高平のうそにより、自分の父が伝説の刑事だったと勘違いしている小梅。そこでひよりや夏目(西島秀俊さん)は、高平がすべてを解決するように見せかける前代未聞の捜査に乗り出す……という展開だった。

テレビ 最新記事