ジョン・カビラ:「アカデミー賞」ガガ、ブラック・パンサー…「史上初が多い」 「万引き家族」にも期待

映画 テレビ
「生中継!第91回アカデミー賞授賞式」で案内役を務めるジョン・カビラさん

 世界最高峰の映画の祭典「第91回アカデミー賞」の授賞式が25日(日本時間)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで開かれる。今回は、歌手のレディー・ガガさんが映画「アリー/スター誕生」(ブラッドリー・クーパー監督)で主演女優賞にノミネートされ、もし受賞すれば、オスカーを初めて手にする。また、米マーベル・スタジオ製作の「ブラック・パンサー」(ライアン・クーグラー監督)が作品賞にノミネートされたが、同スタジオ製作の作品がノミネートされるのも初めてだ。今年は「史上初が多い」と語る、WOWOWの生中継番組「生中継!第91回アカデミー賞授賞式」の案内役を務めるジョン・カビラさんに、見どころなどを聞いた。

 ◇ブラッドリー・クーパー、ビゴ・モーテンセン…主演男優賞にも期待

 今回のアカデミー賞は、動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」が製作した映画「ROMA/ローマ」(アルフォンソ・キュアロン監督)が作品賞、外国語映画賞など最多10部門にノミネート。作品賞、外国語映画賞に同時ノミネートされるのは初めてで、動画配信サービス製作の作品としても初の快挙。また、キュアロン監督は監督賞、撮影賞に同時ノミネート。同じ年に同じ作品で監督賞、撮影賞にノミネートされるケースも史上初となる。監督賞にノミネートされている映画「ブラック・クランズマン」のスパイク・リー監督が受賞すると、初の“黒人監督”の受賞となる。

 カビラさんは「さまざまな部門で“史上初”があるんです!」と声を弾ませながら「『ROMA/ローマ』『ブラックパンサー』しかり、『長編アニメ映画賞』には『スパイダーマン:スパイダーバース』はスパイダーマンフランチャイズとして、作品としての評価が非常に高い。『主演女優賞』では、レディー・ガガ、『ROMA/ローマ』のヤリッツァ・アパリシオさんも演技初経験だったり、俳優が本職じゃない方がノミネートされているのも初めてだと思います」と見どころを語る。

 「主演男優賞にも注目してほしい」と語るカビラさん。「『アリー/スター誕生』のブラッドリー・クーパーさん、『バイス』のクリスチャン・ベイルさん、『グリーンブック』のビゴ・モーテンセンさん。クーパーさんは4度目の正直、ビゴさんは3度目の正直。楽しみです!」と目を輝かせていた。

 ◇「万引き家族」「未来のミライ」にも期待

 「外国語映画賞」には映画「万引き家族」(是枝裕和監督)がノミネート。「長編アニメ映画賞」では、アニメ界のアカデミー賞といわれている「第46回アニー賞」で長編インディペンデント作品賞も受賞した劇場版アニメ「未来のミライ」(細田守監督)も候補作に選ばれている。

 カビラさんは「未来のミライ」について「まだ見られていないのですが、『第71回カンヌ国際映画祭』で監督ウイークで唯一公開されたアニメ作品ですよね。細田守さんが、家族の中の心象風景を描いていて、普遍的なメッセージが込められていますよね」と語り、「万引き家族」については「(『第71回カンヌ国際映画祭』で最高賞の)パルムドールですからね。(出演した)リリー・フランキーさんと安藤サクラさんの演技には胸を打つものがありました。それが国境、文化、言葉も超えて評価されるっていうことはうれしいですよね。期待がかかります」と感慨深げに語った。

 WOWOWでは「生中継!第91回アカデミー賞授賞式」と題して、25日午前8時半からWOWOWプライムで生中継する。案内役はカビラさんと高島彩さん、現地のレッドカーペット・リポーターは、歌手で女優のすみれさんが務める。同日午後9時からWOWOWプライムで字幕版を放送。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る