窪田正孝:来春朝ドラ「エール」で異例の主演抜擢 「僕は女性と思われているのかな」 「マッサン」以来6年ぶりの男性主人公

テレビ
20年度前期朝ドラの主人公に決まった窪田正孝さん

 2020年度前期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)の制作発表発表会見が28日、東京・渋谷の同局で行われた。主人公を窪田正孝さんが務める。タイトルは「エール」で、102作目の朝ドラとして来春から放送される。会見で窪田さんは、朝ドラ主演について「つい先日聞いた」といい、「朝ドラで主役……僕は女性と思われているのかなと一瞬思ったりもしたんです。NHKの朝ドラって女性が主役だよなと」と笑顔を見せた。男性が朝ドラの主演を務めるのは「マッサン」(2014年度後期)以来、約6年ぶりとなる。

 続けて窪田さんは「プロデューサーさんから丁寧に説明を受けて、この作品の思いというか、福島の皆様に届けたい、全国の皆様に応援歌というか、古関さんという本当に素晴らしい方の生涯を描きたいという熱い思いを聞かせてもらって、それが素直に心の中に入ってきた。自分の中でのやる気というか、決意みたいなものがすごくみなぎった感覚がありました」と意気込みを語った。

 主人公は福島県の作曲家・古関裕而さんがモデル。古関さんは全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」、プロ野球・阪神タイガースの応援歌として知られる「六甲おろし」を手掛けたことでも知られる。「エール」は昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家とその妻・金子(きんこ)さんとの物語となる。主人公の生涯のパートナーとなるヒロインは、オーディションで選考予定。

 朝ドラは現在、安藤サクラさん主演の「まんぷく」が放送中。4月1日には第100作となる広瀬すずさん主演の「なつぞら」がスタートし、9月30日から戸田恵梨香さんが主演を務める「スカーレット」が放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る