著名人のアニメファン化:“にわか批判”の是非と“古参の不安”

アニメ コラム
田村淳さんが「ラブライブ!サンシャイン!!」にハマり、またたく間に重度の“ラブライバー化”したことが話題になりました

 「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんが人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のファンになったことを公言したことが、ネットユーザーの中でさまざまな反響を呼んでいる。毎週100本以上(再放送含む)のアニメを見ているアニメウォッチャーの小新井涼さんが独自の視点で分析する。

 ◇

 「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんが、年末年始から「ラブライブ!サンシャイン!!」にハマり、瞬く間に重度の“ラブライバー化”したことが話題になりました。同じラブライバーたちからは、新たなファンが増えたと歓迎する声が多くあがっていましたが、その一方で、中にはただアニメやアニメファンにすり寄ろうとするだけの「にわか」なのではと疑うネガティブな声もあったようです。

 今回に限らず、アニメ好きのイメージがなかった著名人がアニメの話題やアニメ好きと口にすると、何かとこの「にわか」という言葉が使われがちです。しかし果たして本当に、今回の田村さんの件にもその言葉はあてはまるのでしょうか。

 結論から言いますと、今回の件に、「にわか」という言葉はあてはまらないと思います。なぜなら今回の田村さんを言い表すならば、にわかではなく「新参」の方が適切だと思うからです。ちなみに「新参」という言葉にも、古参が新規のファンを少し軽んじる時に使うネガティブなイメージがあるかもしれませんが、今回は純粋に“新”規“参”入のファンという意味で使っていますのであしからず。

 この「新参」と「にわか」という言葉ですが、一見似ているようで、実はそこには決定的な違いがあると思っています。確かに両者は、どちらも「古参」と比べてファンとしての知識や経験が少ないという点は同じです。しかし、ここからはあくまでも私個人の解釈ですが、「新参」は単純に新規参入したばかりで、そうした知識や経験が少ないだけなのに対して、「にわか」というのは、ろくに作品を知らない、または知ろうともしないのに語ろうとする“知ったかぶり”に近いのかなと思うのです。これまた独自解釈ではありますが、例えば本当の「にわか」というのは、まともにみたこともない作品について、ネットや口コミの評判だけ聞いて「これはこういうふうに言われているから駄作だ、名作だ」などと語るような人を指すと個人的には思っています。

 なので今回、実際にアニメ本編も劇場版も、ライブ映像も見たうえで聖地巡礼にまで行った田村さんは、まだファン歴の浅い「新参」かもはしれませんが、「にわか」という言葉はあてはまらないと私は思うのです。

 しかし、「にわか」という表現は否定しましたが、今回に限らず、アニメ好きのイメージがなかった著名人が急にアニメを語ると、ついネガティブな反応をしてしまう作品ファンの気持ちというのも分からなくはありません。そうした反応は、「よく知りもしないくせに私の好きな作品を語るな」といった単純な拒絶というよりは、ある種の警戒なのではないでしょうか。

 それまでアニメ好きのイメージがなかった著名人がアニメファンの輪に入ってくるということは、その著名人をはじめ、アニメ文化にあまり詳しくないその著名人のファンや関係者にまで、自分が大好きな作品やファン文化を知られる可能性が出てくるということでもあります。そんなとき、彼らも一緒に作品のファンになってくれる場合もあるでしょうが、アニメに全く興味がない人々に、作品や二次創作などの内輪的なファン文化などが中途半端な形で知られてしまう可能性もあるのです。アニメファンの輪は決して閉鎖的なだけではないものの、冷やかし感覚で入ってこられるかもしれないことに対しては、かくいう自分もそうですが、どうしても自分たちの大切な遊び場に土足で踏み込まれるような不安を感じてしまいます。

 今回、田村さんを「新参」として迎えるのではなく、思わず「にわか」と否定してしまった過剰な反応の中には、もしかしたらそうした不安からくる警戒ゆえのリアクションも含まれていたのかもしれません。

 とはいえ、これまたあくまでも個人的な解釈になりますが、「新参」というのは「にわか」と違い、単純にファン歴が浅いだけなので、時間がたてば作品知識やファンとしての経験も増えて、既存のファンと作品の楽しさを共有できる機会もどんどん増えていくと思います。現に田村さんも、「Aqours(アクア)」のライブチケット落選ツイートへのラブライバーからのリプライや、聖地巡礼時にラブライバーと撮った写真のエピソードなど、すでに既存のファンとの交流があることに自身のラジオでも触れておられました。

 アニメ好きのイメージがなかった著名人がふいにアニメ好きを公言すると、どうしても最初は反射的にネガティブな反応も起きてしまいます。ですが今回のように、時間がたってお互いがただ同じ作品を好きな者同士ということが分かれば、「にわか」だなんだの誤解も解けて、作品ファンからのマイナスの声というのはなくなるものであると私は思いますし、そう信じているのです。

 ◇プロフィル

 こあらい・りょう=埼玉県生まれ、明治大学情報コミュニケーション学部卒。明治大学大学院情報コミュニケーション研究科で、修士論文「ネットワークとしての〈アニメ〉」で修士学位を取得。ニコニコ生放送「岩崎夏海のハックルテレビ」などに出演する傍ら、毎週約100本(再放送含む)の全アニメを視聴して、全番組の感想をブログに掲載する活動を約5年前から継続中。「埼玉県アニメの聖地化プロジェクト会議」のアドバイザーなども務めており、現在は北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院博士課程に在籍し、学術的な観点からアニメについて考察、研究している。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る