太田雄貴さん:「家売るオンナの逆襲」最終回にゲスト出演 ツイートがきっかけで「驚きました」

テレビ
ドラマ「家売るオンナの逆襲」の最終回にゲスト出演する太田雄貴さん(左)と千葉雄大さん(C)日本テレビ

 フェンシングの北京オリンピック銀メダリスト・太田雄貴さんが、女優の北川景子さんの主演ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系、水曜午後10時)の最終回(13日放送)にゲスト出演する。ファンのツイートがきっかけで今回の出演が決まったという太田さんは、「番組からツイートが来たときは、冗談だと思って、『やりますよ』と返答しましたが、まさか本当にオファーが来るとは! 驚きました。ドラマに出演するのはこれが最初で最後だと思います(笑い)」とコメントしている。

 太田さんが演じるのは、千葉雄大さん演じる“足立王子”こと足立聡が、フェンシング倶楽部で対戦する“フェンシングの達人”役。達人に完敗した足立は、同じようにフェンシングが強かった留守堂(松田翔太さん)に思いを馳(は)せる……という役どころ。

 太田さんの出演は、ドラマを見たファンが、「フェンシングのシーンに本物が出ませんか? 太田会長とか」とツイートしたことがきっかけだった。それを見た太田さんが、「オファーがあれば、やりますよ!」と返答。その太田さんのツイートに、「家売るオンナの逆襲」公式ツイッターでプロデューサーが反応し、実際にオファー。今回の出演が実現した。

 撮影は、神奈川県内にある体育館で行われた。撮影は順調に進んだが、剣先のコントロールが微妙に狂い、NGが出る場面もあり、太田さんは「最近練習してないから……ごめんなさい!」とちゃめっ気たっぷりに謝っていたという。

 太田さんは、「フェンシングがドラマに登場していると知ったときは、めちゃくちゃうれしかったです。気高くハイソなスポーツですし、イギリスやフランスでは実際、会員制のジェントルマンズクラブにフェンシングクラブがあったりするので、(留守堂と足立の)お二人のイメージに合っていると思いました」と笑顔。「実際に試合に出てもらいましょう(笑い)」と冗談を交えつつ、「今後も、ドラマなどでどんどんフェンシングが取り上げられていけばうれしいです」と語った。

 太田さんと共演した千葉さんは、「今日は(太田さんが出演ということで)朝から、僕を含め、キャスト、スタッフがそわそわしていました」と振り返り、「太田さんは、実際にお会いしてみると、本当にジェントルマンな方で……今日のフェンシングの衣装への着替えは、太田さんが手伝ってくださったんです」と告白。また、「ジャンルが違う方とご一緒するのは、役者の先輩とご一緒するのとはまた別の緊張感があるのですが、そのような貴重な機会をいただけたことを、本当に光栄だと思っています」と話していた。

 「家売るオンナの逆襲」は、2016年7月期に放送され、17年5月にスペシャルドラマが放送されるなど人気を博した連続ドラマ「家売るオンナ」の続編。「私に売れない家はない!」と豪語し、客とその家族が抱える問題に首を突っ込み、あらゆる手段を使って解決することで、どんな客にも必ず家を買わせてしまうスーパー営業ウーマン・三軒家万智(北川さん)の活躍を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る