風間俊介:「やすらぎの刻」で“大先輩”たちとの共演に感激 「自分にとってのプレゼントに」

テレビ
ドラマ「やすらぎの刻(とき)~道」の会見に出席した風間俊介さん

 俳優の風間俊介さんが13日に東京都内で行われた、4月から放送される平日昼の帯ドラマ「やすらぎの刻(とき)~道」(テレビ朝日系)の制作発表記者会見に出席した。石坂浩二さんらそうそうたる“大先輩”が出演する同ドラマへの出演について、風間さんは「これからの俳優人生のみならず、僕の人生の中でも大きな意味を占める作品に参加させていただいていると、ひしひしと感じています」と感無量の面持ちでコメント。劇中に“自分へのプレゼント”というセリフがあることに触れ、「年を重ねた僕にとってのプレゼントになるように、しっかりと演じていきたい」と決意を力強く語った。

 「やすらぎの刻~道」は、「北の国から」などで知られる倉本聰さんが脚本を手がけ、2017年4~9月に放送され話題を集めた平日昼の帯ドラマ「やすらぎの郷(さと)」の続編。「やすらぎの郷(さと)」の主人公・菊村栄(石坂さん)が執筆するシナリオ「道」が映像化されていくとともに、「やすらぎの郷」のその後の人間模様も併せて描かれる。昭和、平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯をつづる「道」のヒロインのしの役を、清野菜名さんと風吹ジュンさん、しのの夫となる根来公平役を風間さんと橋爪功さんがリレー方式で演じる。会見には、倉本さん、清野さん、橋爪さん、石坂さんのほか、浅丘ルリ子さん、いしだあゆみさん、板谷由夏さん、大空眞弓さん、丘みつ子さん、加賀まりこさん、上條恒彦さん、草刈民代さん、笹野高史さん、ジェリー藤尾さん、名高達男さん、藤竜也さん、松原智恵子さん、水野久美さん、ミッキー・カーチスさん、山本圭さんも出席した。

 がん治療のため休業、同ドラマを降板することとなった女優の八千草薫さんに代わって、ヒロイン・しの役を演じる風吹さんは「突然の話で驚きました」と切り出し、「今年は70歳代を念頭に、大きな山に登るという思いでいた。高い山をえっちらおっちら登るつもりが、突然にそれよりも大きな山が目の前に現れた。『それを越えなければいけない』という大役。八千草さんに楽しんでいただけるような、しのでありたい」と語った。

 「前回に引き続き、また違う役で出演させていただけるのが光栄」と語った清野さんは、「初めのときに、八千草さんが『一緒に頑張りましょうね』と言ってくださった。その言葉を最後まで自分の胸に入れて、風吹さんと頑張りたい」と意気込んでいた。また今年の1月に八千草さんから「今ごろに申し訳ないけれど、降ろしてほしい」と病状とともに相談を受けたという倉本さんは、「5シーン出ていただいた」と八千草さんの登場シーンがあることを明かし、「僕も立ち会ったんですが、おごそかな雰囲気で撮らせていただいた。今朝も電話がかかってきて『出られなくて申し訳ない』と。悪い状態が出ているわけではなく、『これだったらもう少しできたのに』という状態。闘っていらっしゃいます。そっとしておいていただければ」と訴えていた。

 「やすらぎの刻~道」は、4月8日から毎週月~金曜日の午後0時半放送。テレビ朝日60周年記念作品として、1年にわたって放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る