MANTANWEB(まんたんウェブ)

仮面ライダージオウ:「ディケイド」の“ディエンド”戸谷公人が登場 “怪盗ライダー”復活!

アニメ
「仮面ライダージオウ」に登場する仮面ライダーディエンド(左)と海東大樹役の戸谷公人さん (C)2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの最新作「仮面ライダージオウ」に、2009年1~8月に放送された「仮面ライダーディケイド」で海東大樹(仮面ライダーディエンド)を演じた戸谷公人さんが出演することが17日、分かった。戸谷さんは、31日放送の第29話、4月7日放送の第30話に出演する。

 「仮面ライダージオウ」は、主人公・常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ、奥野壮さん)が、これまでの「平成仮面ライダー」シリーズの仮面ライダーの力を使って戦う。戸谷さんが出演する第29話は、クジゴジ堂の朝のシーンからスタート。ソウゴらがいつになく豪華な朝食に驚くが、それを調理したのはソウゴの大叔父・順一郎(生瀬勝久さん)ではなく、いつの間にか入り込んでいた海東大樹(戸谷さん)だった。大樹は「仮面ライダーディケイド」でも料理が得意なキャラクターで、その腕前を「ジオウ」の世界でも披露する。しかし、ソウゴが気を許した瞬間、ウォッチダイザーから大切なライドウォッチが消える。ライドウォッチを“お宝”とばかりに奪った大樹は、追い詰められると仮面ライダーディエンドに変身し、得意の仮面ライダーを召喚する能力を発揮。バージョンアップした変身武器・ネオディエンドライバーを手に、複数のライダーと共に戦う……。

 戸谷さんは「テレビシリーズでは、約10年ぶりに『仮面ライダー』に出演でき、とても光栄です。自分にとって素晴らしいお宝の作品に、また帰ってこられたのは皆様の仮面ライダーに対しての愛、スタッフの方々の愛、これに尽きると思います。当時リアルタイムで『ディケイド』を見ていた方が社会人になり、当時助監督だった方々が監督になり、月日の流れ、重さをすごく感じましたが、またバージョンアップした海東大樹を誠心誠意演じさせていただきましたので、ぜひ楽しくご覧ください。そして、またいつでも戻ってきます!」とコメントを寄せている。

 「仮面ライダージオウ」は、00年にスタートした「仮面ライダークウガ」から続く「平成仮面ライダー」シリーズの20作目の記念作で、最後の平成仮面ライダーとなる。主人公は、時空を旅して、歴代平成仮面ライダーたちと出会いながら、過去、現在、未来、あらゆる時を救おうとする。

 これまで「仮面ライダー」シリーズからは、「仮面ライダービルド」の桐生戦兎(仮面ライダービルド)役の犬飼貴丈さん、「仮面ライダーエグゼイド」の宝生永夢(仮面ライダーエグゼイド)役の飯島寛騎さん、「仮面ライダー555(ファイズ)」の乾巧(仮面ライダーファイズ)役の半田健人さん、「仮面ライダーオーズ/OOO」の火野映司(仮面ライダーオーズ)役の渡部秀さん、「仮面ライダー鎧武/ガイム」の葛葉紘汰(仮面ライダー鎧武)役の佐野岳さん、「仮面ライダーゴースト」の天空寺タケル(仮面ライダーゴースト)役の西銘駿さん、「仮面ライダーディケイド」の門矢士(仮面ライダーディケイド)役の井上正大さん、「仮面ライダー龍騎」の城戸真司(仮面ライダー龍騎)役の須賀貴匡さんらが出演した。

 テレビ朝日系で毎週日曜午前9時に放送。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る