中村倫也:婚期「遅れる要素いっぱい持っている」 “育活”したいものは…

映画
映画「美人が婚活してみたら」の初日舞台あいさつに登場した(左から)大九明子監督、中村倫也さん、黒川芽以さん、臼田あさ美さん、田中圭さん、「シソンヌ」のじろうさん

 俳優の中村倫也さんが23日、東京都内で行われた映画「美人が婚活してみたら」(大九明子監督)の初日舞台あいさつに登場。タイトルにちなみ「“○活”してみたいこと」を聞かれた中村さんは「“育活”したいです。盆栽やりたいんです。植物育てたい。ちょっとずつ枝を切ったり、育てたりしたいんですよ」と明かし、「僕、ペットとかも大好きなので、自分でも最近思うんですけど、婚期が遅れる要素をいっぱい持っている。家事やっちゃうし」と苦笑いで語った。

 舞台あいさつには、主演の黒川芽以さん、臼田あさ美さん、田中圭さん、大九監督、脚本を担当したお笑いコンビ「シソンヌ」のじろうさんも出席。同作でファッションセンスが低いオクテ男子の園木を演じた中村さんについて、じろうさんが「自分がコントでボケをやることが多いので、こういうふうにボケてくれるかなってイメージをしながら(園木を)書いたのですが、(演じた)中村さんが面白くて。ルックスがいい分、可愛くなってたりして悔しい思いをしました。役者さんって違うなって思いました」と明かすと、中村さんは「楽しく演じさせていただきました」と、照れ笑いを見せていた。

 映画は、婚活女性の本音を実在の登場人物のリアルなエピソードを基に描いた、とあるアラ子さんのマンガが原作。仕事にも容姿にも恵まれていた32歳のウェブデザイナーのタカコ(黒川さん)は、20代から選ぶ男がなぜか既婚者ばかり。不倫ばかりの不毛な恋を重ねているうちに、すっかり三十路を超えてしまったタカコは「私、結婚したい……」と、死ぬ気で婚活することを決意。自分を変えるため、そして安泰な人生をゲットするために一念発起し、親友のケイコ(臼田さん)の勧めで婚活サイトに登録してみるのだが……という内容。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る