井ノ原快彦:“妻”上戸彩と「本当の夫婦のような時間共有」 SPドラマ「僕が笑うと」を語る

テレビ
スペシャルドラマ「カンテレ開局60周年特別ドラマ 僕が笑うと」のワンシーン=関西テレビ提供

 人気グループ「V6」の井ノ原快彦さん主演のスペシャルドラマ「カンテレ開局60周年特別ドラマ 僕が笑うと」(関西テレビ・フジテレビ系)が26日午後9時半から放送される。戦時中の大阪を舞台に、植物研究者の鈴木重三郎(井ノ原さん)と妻の誠子(上戸さん)が5人の孤児を養子として引き取り、多くの困難に立ち向かっていく姿を描くオリジナルストーリーで、井ノ原さんと上戸さんが撮影現場の様子や見どころなどを語った。

 大家族の父親を初めて演じたという井ノ原さんは「現場に子供がいるっていいなと思いました。子役の子たちがいない場面の撮影でも、この作品に子供が関わっているんだという温かい空気感が現場にありました。戦争中を描いたドラマですが、そういったほんわかした一面もきっとあったのだろうと、想像力を駆り立てられながら撮影をしていきました」と振り返る。

 井ノ原さんといえばトレードマークの笑顔。劇中でも家族などに向けて披露するといい、笑顔については「上戸さんや子供たち、スタッフさんに助けられたからだと思います。支度中や、撮影の合間もとにかくいっぱいお話しして、本当の夫婦、本当の家族のような時間を共有しました。ですから、みんなに“シゲさん(重三郎の愛称)”を作ってもらったという感じです」とコメント。

 ドラマについては「この脚本がそのままの意味で伝わってくれたらいいなと思います。なにか作られたものではなく、『最初からあるよね、こういう幸せ』というものを、皆さんに見つけていただけたらと思います。どの時代でも普遍的に通用する物語だと思いますので、ぜひご覧ください」と語っている。

 5人の孤児たちを養子として引き取る誠子を演じた上戸さんは、劇中で印象に残ったシーンについて、長女と次女の前に現れた坂井真紀さん扮(ふん)する謎の女性・矢野光子のシーンを挙げながら「光子さんが登場したシーンです。母になった今……あのシーンの坂井真紀さんのお芝居には特にいろいろ感じさせられるものがあり、号泣でした」と、母親としての心情を重ねたという。

 子供たちとの撮影には「声、表情、発想が毎日愛(いと)おしく、たくさん助けていただき、楽しかったです!」と振り返り、「家族とは、血のつながりだけではなく、その人自身の心、お互いの思いで成り立っていること。今の寂しいニュースが多い世の中で、この『僕が笑うと』は皆さんの心に改めて届けたい家族の意味、家族の形が詰まったすてきなお話に出来上がったと思いました。一夜で終わってしまうことが寂しいほど私の中にも深く刻まれた作品です」と語っている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る