浜辺美波:令和初の主演映画に自信「この映画に“賭けて”ほしい」

「映画 賭ケグルイ」の初日舞台あいさつに登場した浜辺美波さん
1 / 23
「映画 賭ケグルイ」の初日舞台あいさつに登場した浜辺美波さん

 女優の浜辺美波さんが3日、東京都内で行われた劇場版「映画 賭ケグルイ」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)の初日舞台あいさつに登場した。謎多き転校生・蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)役で主演を務めた浜辺さんは、「私にとって令和最初の公開映画ですが、その映画が『賭ケグルイ』で、このみんなと作れた作品で本当に良かった。撮影中も楽しかったし、作品も何度も見たくなるような思い入れもある。この映画が“令和の初映画”になる方はなかなか濃いなと思いますけど、そういう新元号の始まり方もまたすてきかなと思うので、令和最初の映画にしていただければ。ぜひ賭け狂って、この映画に賭けてほしいと思います」と呼びかけた。

 舞台あいさつスタート直後、キャストの先頭で入場してきた浜辺さんだが、歩くコースを間違えるハプニングも。ステージに上がった浜辺さんは、「『賭ケグルイ』のメンバーは本当に仲が良くて、さっきもギリギリまで楽しくおしゃべりをしていたら、すっかりコースのことを忘れてしまって、違うところを堂々と進んでしまいました」と照れくさそうな笑顔を浮かべていた。座長としての心境を聞かれると、「最初の登場で分かっていただけたとは思うんですけど、引っ張ってきたかどうかはさておきですね。みんなで楽しく作り上げてきたという感じが強いです」と振り返った。

 また「令和に賭けたいことは」という質問に、浜辺さんは「しばらく先までの急がない目標みたいな感じですけど、初めての○○みたいなのに一人で挑戦していきたい。初めて一人で値段とかネットで調べないで近所のちっちゃな小料理屋さんに入るとか、カフェでちゃんとご飯を食べてみるとか、やったことがない。そういうことをちょくちょくやって、いつかは一人で旅行に行けたら」と語った。

 「賭ケグルイ」は、マンガ誌「月刊ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)で2014年3月から連載中の河本ほむらさん作、尚村透さん画のマンガ。浜辺さん主演で18年にテレビドラマ化され、ドラマ2期も3月末から放送されていた。劇場版は、生徒会長(池田エライザさん)と蛇喰夢子(浜辺さん)との勝負に期待が高まる中、学園内では“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる白装束集団「ヴィレッジ」が台頭し、生徒会との対立が深まる。ヴィレッジ解体と夢子潰しをたくらむ生徒会は、全校生徒をタッグで強制参加させる「生徒代表指名選挙」の開催を宣言する……というストーリー。

写真を見る全 23 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る