パーフェクトワールド:松坂桃李&山本美月の“純愛”に視聴者悶絶「死ぬ…」(ネタバレあり)

テレビ
連続ドラマ「パーフェクトワールド」に出演している松坂桃李さん(左)と山本美月さん

 俳優の松坂桃李さんが主演を務める連続ドラマ「パーフェクトワールド」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第3話が7日に放送された。鮎川樹(松坂さん)と川奈つぐみ(山本美月さん)が晴れて交際を開始し、デートする姿などが描かれると「幸せすぎる!」「見ていてキュンキュンしちゃう」「発狂ポイント多すぎて死ぬ……」といったコメントが多数上がり、盛り上がりを見せた。

 ◇以下、ネタバレあり

 第3話は、デートや休日の予定を合わせるなど恋人らしい時間を重ねる樹とつぐみは、ゴールデンウイークを迎え、それぞれの実家に帰省することに。つぐみの実家で、2人はつぐみの父・元久(松重豊さん)と鉢合わせをしてしまう。元久は、つぐみが車椅子で生活をする樹と交際していると知って激怒し、反対する。樹とつぐみは予定を切り上げて東京へ。つぐみは樹の部屋で一晩を過ごす。その翌日、樹のパソコンが不調になってしまい、つぐみは同級生の是枝洋貴(瀬戸康史さん)を樹の部屋に呼ぶ。つぐみに思いを寄せる洋貴は、樹に思いのたけをぶちまける……という展開だった。

 つぐみが樹の部屋で一晩を過ごすくだりで、樹はつぐみを自宅に送ろうとすると、つぐみは樹と朝まで一緒に過ごしたいと訴える。そして、2人はキスを交わし……というシーンでは「美月ちゃん可愛い! 可愛い!」「イケメン桃李の破壊力」「純キス最高!」「純すぎて胸が痛くなるわ!」などの声が上がり、「大好きな人をさらに大事にしようと思える」といったコメントも並んだ。

 「パーフェクトワールド」は、2014年から有賀リエさんが女性向けマンガ誌「Kiss」(講談社)で連載中のマンガが原作で、18年に映画化もされた。大学時代に事故に遭い、脊髄(せきずい)損傷で下半身不随になった建築士・鮎川樹(松坂さん)と、高校時代の同級生・川奈つぐみ(山本さん)との純愛ラブストーリーを描いている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る