MANTANWEB(まんたんウェブ)

集団左遷!!:松居直美がゲスト出演 “同世代”福山雅治に驚いたこととは…

テレビ
連続ドラマ「集団左遷!!」の第6話にゲスト出演する松居直美さん(左) (C)TBS

 歌手で俳優の福山雅治さんがTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で主演を務める連続ドラマ「集団左遷!!」の第6話(26日放送)に、松居直美さんがゲスト出演することが24日、明らかになった。松居さんは、片岡(福山さん)の妻・かおり(八木亜希子さん)の友人・樋口冴子を演じる。

 自宅でネイルサロンを開くことにした冴子は、かおりの紹介で融資の相談のために蒲田支店を訪れる……という展開。松居さんは「共演させていただいた福山雅治さん、八木亜希子さんとは同年代ですし、私も私の周りの友達も見ているドラマなので、出演できて良かったです」と振り返り、「とにかく福山さんのお肌がとてもキレイで驚きました(笑い)。それに八木さんのリラックスした“抜け感”のある雰囲気がすごく面白かったです。撮影現場の雰囲気もすごく良くて、本当に皆さんの仲が良く、ピリピリ感の“ピ”の字もなかったですね。私も楽しかったですし、若い世代の方が伸び伸びとしているのを感じました。一体感というか、そういった部分も画面を通して伝わればいいなと思います」とコメントしている。

 また今回、丘みつ子さんの出演も決定。丘さんは、女優歴50年にして初の日曜劇場出演といい、ドラマでは亡き夫の工場を守り続ける女性・西村雪子を演じる。夫の死後、1人で工場を続けていくのが難しくなった雪子は、会社をたたむことを決意するが……。この一件が蒲田支店の命運を握ることになる。

 ドラマは、江波戸哲夫さんの小説「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(共に講談社文庫)が原作。廃店が決定している三友銀行蒲田支店の支店長に就任した片岡ら支店のメンバーが“大逆転”に挑む……というストーリー。

 第6話で、横山常務(三上博史さん)は「目標の100億円に1円でも届かなければ廃店は断行する」と厳しい態度を崩そうとはしない。廃店を阻止すべく、一丸となって突き進んできた蒲田支店。ついに廃店か存続か、ジャッジが下る……という内容。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る