MANTANWEB(まんたんウェブ)

キスマイ玉森裕太:原作・東野圭吾からのサプライズ手紙に「本当に光栄」

ブック 映画
映画「パラレルワールド・ラブストーリー」の公開記念舞台あいさつに登場した「Kis-My-Ft2」の玉森裕太さん

 人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の玉森裕太さんが6月1日、東京都内で行われた主演映画「パラレルワールド・ラブストーリー」(森義隆監督、公開中)の公開記念舞台あいさつに出席した。原作者の東野圭吾さんからサプライズで手紙が届き、「(玉森さんが演じた)敦賀崇史の内面は、私がこれまでに創作したキャラクターの中でも飛び抜けて複雑」と超難役だったことが明かされた。さらには「引き受けてくださったことに感謝いたします。また正面から取り組まれたことに敬意を表します。今後、さまざまな役を演じられるのだろうと思いますが、このたびの経験が少しでも糧になることを祈っています」と感謝の言葉が書かれており、玉森さんが「本当にうれしいです。本当に光栄です」と喜びをかみしめた。

 映画は、人気作家・東野さんの同名ベストセラー小説(講談社文庫)が原作。玉森さんは、恋人の麻由子(吉岡里帆さん)と幸せな同棲(どうせい)生活を送っていたはずが、目を覚ますと麻由子が親友の智彦(染谷将太さん)の恋人になっているもう一つの世界に迷い込んでしまう主人公・崇史を演じた。舞台あいさつには、吉岡さん、染谷さん、森監督も出席した。

 撮影期間中、葛藤する男の心情を演じ切った玉森さんは「ずっとこのときを待っていた」と映画の公開に感無量の面持ち。また吉岡さんは「玉森さんがどんどん痩せていった。ストイックな現場だなと感じていた」と玉森さんの真摯(しんし)な姿勢に驚き、「先日、某番組で『キャイ~ン』のウドさんと一緒にたぬきのコスプレをしている玉森さんを見た。同じ人とは思えなかった」と笑顔で明かした。「ほほ笑ましすぎた。耳としっぽをつけて、それを見たときに温かい気持ちになった。元気そうでよかったって」とバラエティー番組での玉森さんの元気な姿に安堵(あんど)したという。玉森さんは「元気そうって……(笑い)。まあ、ああいう仕事もやらなきゃいけないんです」と照れくさそうに語りながらも、「本当はめっちゃ楽しんでやっていました」と笑顔を浮かべていた。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る