東京独身男子:最終話 太郎ちゃん・高橋一生が決断! 母・萬田久子が嵐を呼ぶ?

テレビ
連続ドラマ「東京独身男子」の最終話の一場面=テレビ朝日提供

 俳優の高橋一生さん主演の連続ドラマ「東京独身男子」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)の最終話が6月8日放送される。前話では、太郎(高橋さん)、三好(斎藤工さん)、岩倉(滝藤賢一さん)の3人の「AK(あえて結婚しない)男子」が、それぞれが抱える悩みについて口論となり、解散宣言まで飛び出した。その直後、太郎はかずな(仲里依紗さん)に再び自分の思いを伝えるが、「これ以上、振り回されたくない」と去られてしまう。

 岩倉も、同居し始めたばかりの透子(桜井ユキさん)に出ていかれ、三好はクリニックの経営を改善すべく、太郎の暮らす部屋の売却を迫られる。三者三様に人生の岐路に立たされる中、太郎の母親・石橋寿美代(萬田久子さん)が上京するとの知らせが届く……。

 予告編には「恋が終わり、仕事を失い、太郎、家を失う!?」「嵐を呼ぶ母登場!」「AK男子 最大のピンチ」「太郎、最後の決断」という文字が流れ、かずなの「どうしてくれんの? 太郎ちゃん」というせりふなどが収められている。

 ドラマは、人並み以上の容姿を持ち、スペックも高く、気の合う仲間とつるみながら、独身ライフを楽しむ「AK(あえて結婚しない)男子」3人のラブコメディー。高橋さんが大手銀行勤務の石橋太郎、斎藤さんがバツイチで審美歯科クリニック院長の三好玲也、滝藤さんが法律事務所のボス弁護士・岩倉和彦をそれぞれ演じる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る