聖☆おにいさん:制作総指揮・山田孝之が地上波初放送と同時にコメンタリー配信 制作秘話語る

マンガ テレビ
イエス(松山ケンイチさん)とブッダ(染谷将太さん)がNHKの人気キャラクター・どーもくんとコラボレーションしたスペシャル画像(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会

 俳優の山田孝之さんが制作総指揮を担当したドラマ「聖☆おにいさん 第I紀」がNHK総合で6月22日から地上波初放送され、放送と同時に山田さんがコメンタリーを実施することが分かった。ドラマは同日午後11時半から放送され、ドラマの放送時間に合わせて、山田さんが、ドラマのYouTube公式チャンネルと、山田さんの公式Instagramで配信し、制作秘話などを語るという。

 また、地上波初放送を記念して、公式サイトのデザインが“暑中見舞い仕様”に変わることと、公式サイトで同デザインの暑中見舞いはがきが当たるキャンペーンが実施されることも発表された。

 ドラマは、中村光さんがマンガ誌「モーニング・ツー」(講談社)で連載中のマンガが原作。世紀末を無事に乗り越えたブッダとイエス・キリストは、下界でバカンスを取ろうと、東京・立川のアパートでルームシェアを始める……というストーリー。「第II紀」が動画配信サービス「ピッコマTV」で配信され、「第III期」の制作も決定している。松山ケンイチさんがイエス、染谷将太さんがブッダを演じ、映画「銀魂」シリーズなどの福田雄一さんが監督と脚本を担当している。

 「聖☆おにいさん 第I紀」は、6月22、29日、7月6日の午後11時半から放送。山田さんの配信は6月22日のみ。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る