パーフェクトワールド:松坂桃李“樹”&山本美月“つぐみ”の純愛の結末に視聴者号泣 「パーフェクト!」 “ロス”声も続々

テレビ
連続ドラマ「パーフェクトワールド」の鮎川樹役の松坂桃李さん(右)と川奈つぐみ役の山本美月さん

 俳優の松坂桃李さん主演の連続ドラマ「パーフェクトワールド」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の最終話が6月25日に放送された。松坂さん扮(ふん)する主人公・鮎川樹と、山本美月さん演じる川奈つぐみとの純愛の結末が描かれ、視聴者からは「感動しました!」「こんなに泣いたの久しぶり!」「号泣です…」「パーフェクトなエンディング!」といったコメントが多数、書き込まれた。

 最終話は、つぐみにプロポーズした樹が、つぐみの父・元久(松重豊さん)に結婚の許しをもらうため何度も訪問するが、門前払いされる。ある日、元久から「2人で話そう」と言われ、樹と元久は公園に向かう。やがて、結婚を許さないと告げた元久が、胸を押さえて倒れ込み、樹が必死に救おうとする。一命を取り留めた元久だが、復調のためには、リハビリが必要となり、つぐみが樹に相談しながら、元久のリハビリに付き合う……という展開だった。

 「パーフェクトワールド」は、2014年から有賀リエさんが女性向けマンガ誌「Kiss」(講談社)で連載中のマンガが原作。2018年に映画化もされた。大学時代に事故に遭い、脊髄(せきずい)損傷で下半身不随になった建築士・鮎川樹と、高校時代の同級生・川奈つぐみとの純愛ストーリーを描いた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る