MANTANWEB(まんたんウェブ)

乃木坂46秋元真夏:生田絵梨花を彼氏と錯覚? 「いくちゃんと付き合ってるんだっけ…」

映画 アイドル
ドキュメンタリー映画「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」の公開初日舞台あいさつに登場した秋元真夏さん

 アイドルグループ「乃木坂46」のドキュメンタリー映画第2弾「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」(岩下力監督)の初日舞台あいさつが7月5日、東京都内で行われ、メンバーの秋元真夏さん、桜井玲香さん、齋藤飛鳥さん、堀未央奈さん、与田祐希さんが登場した。

 印象に残っているシーンを聞かれた秋元さんは「生田絵梨花ちゃんは才色兼備で清楚(せいそ)な可愛い女の子というイメージだけど、映画ではすごくカッコいい。支えになるような言葉もかけてくれ、映画を見終わった後に『いくちゃんと付き合ってるんだっけ?』みたいな錯覚を起こすぐらい。もしかしたら彼氏かもしれない」と照れ笑いしていた。

 生田さんの発言に対して、桜井さんは「違いますよ(笑い)。いくちゃんを男に仕立てたの?」と質問。秋元さんは「映画の中のいくちゃんは、私の肩をこうやって支えるような感じで男の子っぽい。その様子を見ると男の子は生ちゃんで、私は彼女かなって」と齋藤さんの肩で実演しながら説明していた。

 今作は、前作「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂 46」(2015年公開)から4年ぶりとなる「乃木坂46」のドキュメンタリー映画第2弾。西野七瀬さんの卒業をきっかけに、自分探しの旅に出るメンバーたちの葛藤と成長がとらえられている。この日の舞台あいさつには、白石麻衣さんも参加予定だったが、体調不良のため欠席した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る