MANTANWEB(まんたんウェブ)

乃木坂46桜井玲香:秋元真夏の言葉に「ダメージ強すぎ…」

映画 アイドル
ドキュメンタリー映画「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」の公開初日舞台あいさつに登場した(左から)桜井玲香さん、齋藤飛鳥さん、秋元真夏さん

 アイドルグループ「乃木坂46」のドキュメンタリー映画第2弾「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」(岩下力監督)の初日舞台あいさつが7月5日、東京都内で行われ、メンバーの桜井玲香さん、齋藤飛鳥さん、秋元真夏さん、堀未央奈さん、与田祐希さんが登場した。

 桜井さんのキャプテンとしての変化について聞かれると、「ライブ前の円陣やMCなど大事な局面で玲香が言葉を残してくれるのですが、正直、昔は言葉が心にあまり刺さらなかった」と告白。「ちょっと刺さってましたけど(笑い)。今はド直球でズンとくるくらい、本当にいい言葉を残してくれる。玲香の言葉はきれいだし、メンバーのことを思ってくれている愛がすごく伝わるので、そこは変わったところかな……なので褒めてます!」とフォローしていた。

 同じ質問に齋藤さんは「玲香ちゃんは、変わらずいつも最高。いつも素晴らしい顔面しているし、声もいい。歌もダンスも演技も全部できるんです。こんな人いないですよ。素晴らしい。最高!」と褒めちぎったが、桜井さんは「(秋元さんの)最初の言葉がダメージ強すぎて……今日落ち込んで帰りそう」と苦笑い。秋元さんは「私たち、あとでたぶん怒られるよ……」と戦々恐々だった。

 今作は、前作「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」(2015年公開)から4年ぶりとなる「乃木坂46」のドキュメンタリー映画第2弾。西野七瀬さんの卒業をきっかけに、自分探しの旅に出るメンバーたちの葛藤と成長がとらえられている。この日の舞台あいさつには、白石麻衣さんも参加予定だったが、体調不良のため欠席した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る