MANTANWEB(まんたんウェブ)

ノーサイド・ゲーム:第2話 崖っぷち“GM君嶋”大泉洋が新監督選びに奔走 “宿敵”上川隆也が次期社長へ?

テレビ
連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第2話のワンシーン(C)TBS

 俳優の大泉洋さんがTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演する連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の第2話が7月14日、放送される。第2話の副題は「崖っぷちから這(は)い上がれ!勝利の鍵は人事?」。

 「トキワ自動車」のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャー(GM)となった君嶋隼人(大泉さん)は、新監督の人事が進まず、大きな困難に直面。チームキャプテンの岸和田徹(高橋光臣さん)から、早く監督を決めるようお願いされるも、ラグビーの経験、知識もない君嶋にはどんな人物がふさわしいのかも分からない。そこで、君嶋はこれまで培ってきた経営戦略室での経験から戦略を練り、チームを優勝させるために優勝経験を持つ者を監督にしようと考える。

 そんな中、佐倉多英(笹本玲奈さん)が城南大学の監督を退任したばかりの柴門琢磨(大谷亮平さん)の名を口にする。柴門は大学を3連覇に導いた男で、君嶋とは知り合いだった。君嶋は柴門に監督就任を打診するが断られてしまう。その裏には、アストロズ関係者も知らなかった“過去の出来事”が関係していた。

 ある日、君嶋は元上司の脇坂賢治(石川禅さん)から、滝川桂一郎常務(上川隆也さん)によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞く。この話が成功して滝川常務が次期社長になれば、君嶋が本社に返り咲く可能性は限りなくゼロに近づく……というストーリー。

 ドラマは、「半沢直樹シリーズ」「陸王」「下町ロケット」などで知られる人気作家・池井戸潤さんの新作同名小説(ダイヤモンド社)が原作。大泉さんが池井戸さん原作ドラマへの出演、同局の連続ドラマに主演するのは、共に初めて。大手自動車メーカー「トキワ自動車」で働いていたが工場に左遷され、低迷中のラグビーチーム「アストロズ」のGMを兼務することになった君嶋隼人(大泉さん)が自身とチームの再起に挑む姿を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る