MANTANWEB(まんたんウェブ)

仮面ライダージオウ:大幡しえり ツクヨミの“変身”に歓喜 「私、ずっと変身したかった」

アニメ
バトンタッチイベントに登場した「仮面ライダージオウ」のツクヨミ役の大幡しえりさん

 最後の平成仮面ライダー作品として8月25日に最終回を迎えた「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系)から、令和初の仮面ライダーとして9月1日から放送される「仮面ライダーゼロワン」(同)へのプレミアムバトンタッチイベントが8月25日、東京都内で開催された。終盤では、大幡しえりさん演じるツクヨミが、仮面ライダーツクヨミに変身するシーンが描かれ、大幡さんは「私、ずっと変身したかったので、本当にうれしかったです」と喜びを語った。ツクヨミが変身をすると聞いた時のことを「その場ですごく大きい声で『えーっ!』って言っちゃいました。すごくうれしかったです」と振り返った。

 イベントには、「仮面ライダージオウ」から大幡さん、奥野壮さん、押田岳さん、渡邊圭祐さん、「仮面ライダーゼロワン」から高橋文哉さん、岡田龍太郎さん、鶴嶋乃愛さん、井桁弘恵さんが出席した。

 最終回について、主人公・常磐ソウゴ役の奥野さんは「1年の放送を締めくくるにふさわしい、素晴らしい最終回で感無量です!」とコメント。明光院ゲイツ役の押田さんは「(ジオウを)守って命を失うというのはやりたいと思っていました。最終回を自分が望んだ展開で迎えられたとうれしく思います」と話し、ウォズ役の渡邊さんは「1話と同じようにソウゴを祝っていたのですが、同じセリフを言えたことで自分の成長を分かりやすく表現できたのかな、と思っています。感無量です」とそれぞれに思いを語った。

 奥野さんは、1年間の放送を振り返り、ソウゴとゲイツの熱いシーンが印象に残っているといい、「それぞれの思いを込めたソウゴとゲイツが素直にぶつかり合ったという感じでした。撮影の時は話し合ったりもしました」と明かした。押田さんも「一つのターニングポイントになったと思います。1年間、撮影を続ける上で気を引き締めるいいタイミングになりました」と懐かしそうに振り返った。

 「仮面ライダージオウ」では、歴代の平成仮面ライダーが数多く登場したことも話題となり、奥野さんは「仮面ライダーディケイド」の主人公・門矢士役の井上正大さんと現場で話したエピソードを明かした。奥野さんは「ライダーのデザインについてお話ししたことがありまして、『グランドジオウどう思った?』と聞かれた時に『ごちゃまぜですね』と答えて。『ディケイドの時の最終フォーム見てどう思ったんですか』と聞いたら、(井上さんは)『ごちゃまぜだったよ』って(笑い)。今ではグランドジオウもすごく格好いいフォームだと思っているので、よかったなと。井上さんとのその会話はすごく印象的です」と語った。

 「仮面ライダージオウ」は、2000年にスタートした「仮面ライダークウガ」から続く「平成仮面ライダー」シリーズの20作目の記念作で、最後の平成仮面ライダー作品。主人公の常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ)は、時空を旅して、歴代平成仮面ライダーたちと出会いながら、「最高最善の魔王」になろうとする……という内容だった。

 「仮面ライダーゼロワン」は9月1日からテレビ朝日系で放送される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る