田中圭:林遣都“最後のあいさつ”で涙のわけは? 「ズレてるから気をつけろ」と忠告

映画
「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の舞台あいさつに登場した田中圭さん(左)と林遣都さん

 俳優の田中圭さんが9月4日、東京都内で行われた主演ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)の劇場版となる「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」(瑠東東一郎監督)の舞台あいさつに、牧凌太役で共演した林遣都さんと登場。“はるたん”こと春田創一役で主演を務めた田中さんは、劇場版のオールアップ時に自身が最後のあいさつをした際、林さんが涙を流していたというエピソードを披露した。

 田中さんは「感謝の思いを伝えていたら、遣都が泣いたんですよ。彼なりに思うところがあったんだな、一緒にやれてきてよかったな、と思った」と当時を振り返り、「その後に、『遣都、泣いてたね』と言ったら、(林さんは)『全然違うこと考えていました、圭くんの話は一つも聞いてないです』と……。連ドラから映画までの1年間を自分で振り返って泣いたっていう……」と真相を説明。「俺がしゃべっているタイミングで。俺もう、すごいショックだったよ」と落胆してみせ、舞台あいさつの終盤で林さんへ「たまにズレているから気をつけろ、と。本当に、本当に。すっごいズレているから気をつけろよと(言いたい)」と忠告し、観客を笑わせていた。

 林さんは、田中さんについて「そういったズレていたりするところも、僕だけに限らず、ダメな部分までひっくるめて付き合ってくれる人」と表現。また、「春田役って誰にもできない役だと思っているんです。見ていて、この立ち位置でできる人って、ずっと俳優業を積み重ねてきた人にしかできないと思う。自分もいつか圭くんがやっているようなことをやりたいなと思いながらこのお仕事をしているし、本当に尊敬の思いを常に持っている」と熱いまなざしで思いを明かした。

 舞台あいさつには、瑠東監督も出席。共演の吉田鋼太郎さんから3人に向けたビデオメッセージも紹介された。

 「おっさんずラブ」は、田中さん演じる女好きだけどモテない独身男子・春田が、イケメン後輩男子・牧(林さん)と、乙女心を持つ有能な部長・黒澤武蔵(吉田さん)という2人の男性から愛の告白をされ、未曽有のモテ期に突入する……というラブストーリー。劇場版では、「前代未聞の五角関係“おっさんのラブ・バトルロワイアル”」が開幕し、熱い恋の火花が散らされる。公開13日目となる4日時点で観客動員数は100万人、興行収入は13億5000万円を突破している。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る