神谷浩史:映画「超・少年探偵団 NEO」で“怪人二十面相”に 「久しぶりだね、芳狼くん」 第2弾予告公開

映画「超・少年探偵団NEO -Beginning-」に登場する怪人二十面相(左)と声優を務める神谷浩史さん (C)2019 PROJECT SBD-NEO
1 / 3
映画「超・少年探偵団NEO -Beginning-」に登場する怪人二十面相(左)と声優を務める神谷浩史さん (C)2019 PROJECT SBD-NEO

 声優の神谷浩史さんが、俳優の高杉真宙さん主演の映画「超・少年探偵団NEO -Beginning-」(10月25日公開、芦塚慎太郎監督)で、怪人二十面相の声を担当することが9月5日、明らかになった。第2弾の予告編も公開され、怪人二十面相が「久しぶりだね、芳狼(よしろう)くん」「もうすぐ約束の時だ」などと話す姿が描かれている。

 神谷さんは「少年探偵団の中で、とりわけ妖しい魅力を放っている二十面相の声をこの僕に任せていただけるとは! そして個人的には高杉真宙くんや佐野岳くんと共演できてとてもうれしい! 芦塚監督が生み出したNEOの名にふさわしい、新しい二十面相にお力添えできるよう精いっぱいアフレコさせていただいたので、劇場に足を運んでいただけるとありがたいです!」とコメントを寄せている。

 「超・少年探偵団NEO -Beginning-」は、江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズに登場した名探偵・明智小五郎とその弟子の小林芳雄(小林少年)の末裔(まつえい)たちが怪人二十面相や自身の宿命と向き合っていく姿を描く。高杉さんが主人公の小林少年のひ孫である小林芳狼、佐野さんが芳狼の親友・ワタリ、堀田真由さんが明智小五郎のひ孫の明智小夜をそれぞれ演じる。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る