MANTANWEB(まんたんウェブ)

いだてん:第34回「226」 青年将校らがクーデター! 戒厳令下の東京… 田畑は治五郎と対立?

テレビ
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第34回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第34回「226」が9月8日放送される(総合、日曜午後8時ほか)。1936年2月。陸軍青年将校らのクーデター「二・二六事件」が発生。閣僚らが暗殺され、田畑政治(阿部サダヲさん)の勤める新聞社も襲撃を受ける。戒厳令下の東京で五輪招致活動を続けることに田畑は葛藤し……。

 田畑は、五輪招致を巡って嘉納治五郎(役所広司さん)とも対立するが、IOC会長の候補地視察の案内役を任される。熊本では、金栗四三(中村勘九郎さん)がスヤ(綾瀬はるかさん)と幾江(大竹しのぶさん)を前に、招致に協力するため上京したいと訴える。

 「いだてん」は、日本人五輪初出場の明治末から、東京に五輪がやってきた1964年までの約半世紀を描くオリジナルストーリー。テーマは「東京とオリンピック」。大河ドラマで近現代史を取り上げるのは、1986年の「いのち」以来33年ぶり。

 第33回では、1940年のオリンピック招致をめぐり、互いに激しく争う東京とローマ。治五郎は田畑らをイタリアの独裁者ムッソリーニとの直談判に派遣する。招致の命運がかかったIOCオスロ総会は、他国の政府首脳に働き掛けようとした日本の動きを巡って大紛糾。絶体絶命の状況下で、治五郎は逆転の秘策を思い付く……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る