MANTANWEB(まんたんウェブ)

凪のお暇:最終回 黒木華、高橋一生、中村倫也の三角関係に終止符 凪の決断は?

テレビ
連続ドラマ「凪のお暇」最終回の場面写真=TBS提供

 女優の黒木華さん主演の連続ドラマ「凪のお暇(なぎのおいとま)」(TBS系、金曜午後10時)の最終回が9月20日放送される。予告編には、凪(黒木さん)が「私のお暇は、おしまい」とつぶやくシーンや、慎二(高橋一生さん)の「どうしたらあいつの役に立てっかな」というせりふ、ゴン(中村倫也さん)の「ずっと一緒に居よ。ダメなんて言わないで」という訴えなどが盛り込まれているほか、「未来への選択」「共に歩むのは」というコピーなどが映し出されている。

 前話で、今まで言えなかった家族への不満をぶつけ、距離が縮まった凪と慎二。そんな2人の前にゴンが現れ、凪に告白をした。最終回では、三角関係に終止符が打たれる。果たして凪の下した決断、お暇生活の結末は……。

 原作はコナリミサトさんがマンガ誌「Eleganceイブ」(秋田書店)で連載中の同名人気マンガ。28歳の家電メーカー勤務の大島凪は、自分を見詰め直し、人生のリセットを決意。会社を辞め、マンションも解約し、彼氏を含め関わっていた全ての人たちとの連絡を絶ち、人生の再生を図ろうとする人生リセットドラマ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る