MANTANWEB(まんたんウェブ)

松本まりか:「死役所」で“絶対に笑ってはいけない”役「作り込んだ」 会見で“笑顔封印”も…

テレビ
連続ドラマ「死役所」の会見に出席した女優の松本まりかさん

 女優の松本まりかさんが10月10日、東京都内で行われた10月16日スタートの連続ドラマ「死役所」(テレビ東京系、水曜深夜0時12分)の会見に登場。美人だが笑顔がなく、口が悪いという設定の自殺課の職員ニシ川を演じる松本さんは、「原作の中でも、ものすごい強烈なビジュアルとキャラクターのイメージの強い役だと思っているので、それを私の(今日の)この感じになるまでにすごく作り込みました」と告白。ニシ川を「絶対に笑ってはいけない役」と表現した松本さんは、「今日もなるべく笑顔が出ないように。すぐ笑っちゃうんですけど、笑顔の写真を撮られないように気をつけています!」と“笑顔封印”を宣言した。

 数々のドラマでの怪演が話題となっている松本さんは、自身が演じるニシ川の印象について、「原作を読んだときに魅力的で、ビジュアルのイメージも自分からあまりにもかけ離れていた」と明かした。「原作に忠実に」を心がけたといい、「いかに原作に忠実なところまでいけるかというのを、ここまで徹底したことがないんじゃないかというくらい、メークさんにも、美容師さんにもいろんな方に本当にこまかく調整をしていただいて作りました」と明かした。

 “笑顔封印”宣言をした松本さんは、笑いそうになると、手で顔を隠したり、後ろを向いたりして、会見中、笑顔を見せまいと努力していたが、「ちょっとごめんなさい……」と笑いが止まらなくなってしまう場面も。同席した主演の人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さんから、「いいんじゃない? もう?」と助け船を出され、松本さんは「こんなに今までガチガチにキャラクターを作り上げてきて、でもすぐに壊れてしまった……。松岡さんが『笑ってもいいんじゃないの』って言ってくれて、仏様のよう」と話していた。

 ドラマは、あずみきしさんの同名マンガ(新潮社)が原作。あの世の市役所ならぬ「シ役所」を舞台に、シ役所「総合案内」で働く職員・シ村(松岡さん)が、次から次へと現れる死者に「お客様は仏様です」と慇懃(いんぎん)無礼な態度で対応する姿を描くエンターテインメント作。松岡さんは、同局のドラマ初主演となる。

 会見には、黒島結菜さん、清原翔さん、でんでんさんも出席した。ドラマは10月16日スタートで、毎週水曜深夜0時12分に放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る