MANTANWEB(まんたんウェブ)

時効警察はじめました:「誰にも言いませんよカード」がまさかの3D化 SNS「無駄に進化している」とざわつく

テレビ
連続ドラマ「時効警察はじめました」第1話の場面写真=テレビ朝日提供

 12年ぶりに復活した俳優のオダギリジョーさんや女優の麻生久美子さんらが出演するコメディーミステリードラマ「時効警察はじめました」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)の第1話が10月11日に放送された。主人公の霧山修一朗(オダギリさん)が、時効を迎えた事件の犯人に事件の真相を口外しないと約束する「誰にも言いませんよカード」が、12年の時を経てまさかの3Dに進化。SNSでは「誰にも言いませんカード、謎の進化ww」「無駄に進化してるぞオ~イ!」「まさか3Dになるとは……」とざわついていた。

 「時効警察」は、時効が成立した事件にスポットを当てたコメディーミステリー。総武警察署時効管理課の警察官である霧山が交通課の三日月しずか(麻生さん)らを巻き込んで、“趣味”で時効が成立した事件を捜査する姿を描く。

 「時効警察はじめました」第1話は、シリーズでおなじみの三木聡さんが監督と脚本を担当。25年前、乱れた女性関係から「総武のウタマロ」と呼ばれた男、要玲蔵(村松利史さん)と元愛人で新興宗教「阿修羅の水」の教祖、神沼絹枝(伊勢志摩さん)がほぼ同時刻に殺された事件に関心を持った霧山は、絹枝の娘でウタマロの妻でもあった「阿修羅の水」の2代目教祖である神沼美沙子(小雪さん)のもとを訪れる……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る