ニッポンノワール:工藤阿須加の怪演に驚きの声 「イメージが完璧に崩れた」と話題

テレビ
連続ドラマ「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」第1話の場面写真 =日本テレビ提供

 俳優の賀来賢人さん主演の連続ドラマ「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第1話が10月13日、放送された。“スーパーファンキー”な刑事・名越時生を演じる工藤阿須加さんが高いテンションの“怪演”を見せ、SNSで「これまでの工藤阿須加さんのイメージが完璧に崩れた」と驚きの声が広がっていた。

 工藤さん演じる名越時生は、警視庁の刑事・遊佐清春(賀来さん)の後輩。第1話では、事件の捜査会議が紛糾し、乱闘に展開すると「パーティーピーポー」とハイテンションで絶叫。さらに上司だった女性刑事・碓氷薫(広末涼子さん)が清春に殺されたと推測し、清春を襲撃。「俺は薫さんを愛していた! なのにあんたが殺した!」「あんたをパクっても俺の怒りは収まらねえ、だからあんたを殺すことにしたんだよ!!」と叫び、清春とプロレス技の応酬によるアクションを繰り広げた。

 ハイテンションな工藤さんの姿に、「え、これ工藤くん?」「壊れかけの工藤阿須加」「工藤阿須加は最初誰か分からなかったすごいじゃん」「工藤阿須加くんの新境地すてき」「こんな弾けた役初めてじゃない!?」「こんな工藤阿須加くん初めてみた」と話題をさらった。

 「ニッポンノワール」は、「主人公を含めた刑事全員が容疑者!」というミステリー。「3年A組」のスタッフが再集結して制作。女性刑事殺しが、未解決の「十億円強奪事件」につながっていく。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る