同期のサクラ:第2話視聴率は9.5%と初回から1.4ポイント増 遊川和彦脚本、高畑充希主演作

テレビ
連続ドラマ「同期のサクラ」の会見に登場した高畑充希さん

 女優の高畑充希さんが主演する連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第2話が10月16日、放送され、平均視聴率は9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初回の8.1%から1.4ポイント増加した。

 ドラマは、高畑さんが主演し、2017年7月期に放送された「過保護のカホコ」のほか、「家政婦のミタ」「女王の教室」(すべて同局系)などで知られる遊川和彦さんが脚本を担当するオリジナルドラマ。高畑さん扮(ふん)する“バカ正直”でそんたく知らずの主人公・サクラ(北野桜)と、花村建設の月村百合(橋本愛さん)、木島葵(新田真剣佑さん)、清水菊夫(竜星涼さん)、土井蓮太郎(岡山天音さん)という同期社員の10年間を描く。

 第2話は、2010年5月、「故郷・美咲島に橋を架ける仕事に関わる」という夢を抱くサクラは花村建設人事部で社会人2年目を迎えていた。サクラは、人事部部長の黒川(椎名桔平さん)から「経費削減のために無駄な残業時間を減らせ」という上からのお達しを丸投げされる。そんな中、同期で営業部の菊夫は、上司の桑原から担当する建設現場の工期を1カ月早めるよう、むちゃぶりをされていた。その後、人事部では営業部の残業時間が減るどころか増えていることが問題になってしまう……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る