注目ドラマ紹介:「グランメゾン東京」木村拓哉がフレンチシェフに 豪華キャスト集結の「日曜劇場」きょう“オープン”

テレビ
連続ドラマ「グランメゾン東京」第1話のワンシーン(C)TBS

 木村拓哉さんが主演を務め、TBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送される連続ドラマ「グランメゾン東京」が10月20日、スタートする。これまで数々の職業を演じてきた木村さんが、令和最初に挑むのは型破りなフランス料理のシェフ。パリで自分の店が二つ星を獲得するも、ある重大事件により店も仲間も全て失いどん底まで転落した主人公・尾花夏樹(木村さん)が、出会った女性シェフの早見倫子(鈴木京香さん)と共に、世界最高の三つ星レストランを作り上げようと奮闘する姿を描く“大人の青春”ストーリーだ。

 木村さんと鈴木さんは、2007年に同枠で放送された「華麗なる一族」以来、約12年ぶりにタッグを組む。パリ時代の部下で現在はホテルのビュッフェレストランで働くシェフの平古祥平を「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の玉森裕太さん、東京の人気レストラン「gaku」のシェフ、丹後学を尾上菊之助さん、パリ時代の同僚で今は人気ウェブ料理研究家として活躍する相沢瓶人(かめひと)を及川光博さん、パリ時代の同僚で現在は「gaku」のギャルソンを務めている京野陸太郎を沢村一樹さんが演じる。寛一郎さん、朝倉あきさん、吉谷彩子さん、冨永愛さん、中村アンさん、手塚とおるさんも出演する。

 同作は、パリにある高級三つ星レストラン「ランブロワジー」に世界初となるテレビドラマのカメラが入ってロケが行われたほか、パリで撮影したシーンも登場。尾花が作る料理は、東京・品川の三つ星レストラン「カンテサンス」のシェフの岸田周三さん、丹後が作る料理は東京・飯田橋のレストラン「INUA(イヌア)」のシェフのトーマス・フレベルさんが、それぞれ監修をする。劇中では、鮮やかなフランス料理が登場すると共に、料理に入っている材料なども紹介する。

 演出は「アンナチュラル」「中学聖日記」などの塚原あゆ子さん、「半沢直樹」「下町ロケット」シリーズ(いずれも同系)などのヒット作を手がけた伊與田英徳さんがプロデューサーを担当。脚本は「僕のヤバイ妻」(関西テレビ・フジテレビ系)などの黒岩勉さん。主題歌は、木村さんが主演し2003年に同枠で放送された「GOOD LUCK!!」以来、約16年ぶりに木村さんと2度目のタッグを組む山下達郎さんの「RECIPE(レシピ)」。

 第1話は、自身の料理人人生を懸けて、パリにある三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受け、実技テストを受けることになった倫子。テストとして前菜を作ることになった倫子が厨房(ちゅうぼう)に入ると、尾花が駆け込んできて、一方的にメニューのアイデアを出し、代わりに作ろうとするが、その矢先、尾花は借金取りに追いかけられ、どこかに行ってしまう。その後、倫子は駆け込んできた男が3年前のある事件で表舞台から消えた尾花だったと知る。

 面接に落ちた倫子は、尾花と再会。尾花に料理を作ってくれと頼んだ倫子は、尾花の料理のおいしさと自分の実力のなさに涙する。尾花は、そんな倫子に向かって、東京で店を作らないかと提案。帰国した尾花と倫子は、東京の人気レストラン「gaku」を訪れるが……というストーリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る