シャーロック:第4話 ディーン・フジオカ×岩田剛典が消えたボクシング世界王者を捜す 金子ノブアキ、矢野聖人がゲストに

テレビ
連続ドラマ「シャーロック」第4話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優のディーン・フジオカさん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「シャーロック」(月曜午後9時)の第4話「試合直前に消えたボクシング世界王者! オレンジの傘の謎」が10月28日放送される。金子ノブアキさん、矢野聖人さんらがゲスト出演する。

 犯罪捜査専門のコンサルタントの誉獅子雄(ディーン・フジオカさん)と無職の若宮潤一(岩田剛典さん)は、二階級制覇の世界チャンピオン・梶山裕太(矢野さん)の初防衛をかけた注目の一戦を観戦しに来ていた。

 観客が盛り上がる中、リングアナウンサーがコールするが、梶山は姿を見せない。異様な状況に観客がどよめき始めると、梶山急病による試合中止のアナウンスがされる。獅子雄は、若宮の制止を無視し梶山の控室へ入る。梶山の急病をうそと見抜き、会長の石橋卓也(金子さん)に「梶山を出せ」と詰め寄る。

 その時、警視庁捜査1課の江藤礼二(佐々木蔵之介さん)が現れ、梶山の行方を捜しているという。一時間ほど前に、近くの坂で、ある男性の遺体が発見され、付近で梶山が目撃されていた。梶山は一転、殺人事件の重要参考人となる。獅子雄は梶山の控室で女性物の傘を見付ける……。

 原作は、アーサー・コナン・ドイルの生んだ世界一有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」シリーズ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る