杉咲花:「大阪のお母さん」モデルの朝ドラヒロインに 「おはようさん」と完璧な関西弁披露

テレビ
2020年度後期のNHK連続テレビ小説「おちょやん」のヒロインに決まった杉咲花さん

 NHKは10月30日、2020(令和2)年度後期の連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」のヒロインが杉咲花さんに決まったと発表。杉咲さんは「大阪のお母さん」と呼ばれた大女優、浪花千栄子さんをモデルにした主人公・竹井千代を演じる。同日、NHK大阪放送局(大阪市中央区)で会見が開かれ、東京出身の杉咲さんは、関西弁のせりふについて「想像以上に難しそう」と不安を口にしつつも、好きな関西弁を聞かれると「『おはようさん』です」と完璧なイントネーションで答えてみせ、報道陣から感心の声が上がった。

 103作目の連続テレビ小説となる「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしている。浪花さんは戦前、「松竹新喜劇」の前身である「松竹家庭劇」に参加し、二代目の渋谷天外さんと結婚。喜劇女優としての道を歩んだ人物。戦後、「松竹新喜劇」に参加。離婚後、一時女優をやめるが、NHK大阪のラジオドラマで復活。その後、「大阪のお母さん」として映画やテレビで活躍した。今回のドラマでは実在の人物をモデルにするが、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く。

 杉咲さんの朝ドラ出演は、2016年にヒロインの妹役で出演した「とと姉ちゃん」以来2度目。「(ヒロインの)高畑充希さんは毎回、膨大なせりふを必ず覚えてましたし、丁寧に役のことを考えて表現している姿が勉強になりました。私もそんなふうに、最後まで丁寧に向き合っていけたらと思っています」と高畑さんが良き手本になっていることを明かした。

 杉咲さんが演じる千代のモデル・浪花千栄子さんについては、すでに自伝やラジオドラマなどでリサーチを重ねているという。「覚悟というか、生きることに対する力強さを、ものすごく感じます。山あり谷ありの人生をポジティブにとらえながら進まれていく様子が、とてもすてきです。あと『上品なお方だなあ』と、ラジオ(ドラマ)の声を聞いて感じました。それを踏まえて、パワフルに突き進んでいく姿に、勇気と元気をもらえるようなヒロインを演じられたらと思います」と千代の理想像について語った。

 杉咲さん扮(ふん)する主人公の千代は、明治の末に大阪・南河内の貧しい家に生まれ、9歳で道頓堀の芝居茶屋に女中奉公に出される。多くの芝居小屋が立ち並ぶ街で、華やかな芝居の世界に魅せられた千代は、自らも女優を目指すようになる。そして喜劇界のプリンス・天海天海(あまみ・てんかい)と出会い、妻になるとともに喜劇女優としても花開いていくが、戦争などの不幸が重なって女優を一時引退。しかしあるラジオドラマをきっかけに、奇跡の復活を遂げる……というストーリー。

 タイトルの「おちょやん」は、「おちょぼさん」がなまった大阪の古い言葉で大阪で、「茶屋や料亭などで働く、小さい女中さん」という意味。女中奉公が原点となる千代の、意地と誇りの象徴となる言葉だということと、語感の可愛らしさからタイトルに選ばれた。脚本は「半沢直樹」「下町ロケット」(共にTBS系)など数々のヒットドラマを手がけた八津弘幸さんが朝ドラに初挑戦。2020年春にクランクインし、2020年秋に放送予定。

 朝ドラは現在、戸田恵梨香さん主演の「スカーレット」を放送中。2020年春からは、窪田正孝さんが作曲家・古関裕而さんをモデルにした主人公を演じる「エール」がスタートする。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る