アーノルド・シュワルツェネッガー:法被姿で和太鼓演奏 4年ぶりに来日「アイルビーバック」の約束果たす

映画
映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」ジャパン・プレミアに登場したアーノルド・シュワルツェネッガーさん

 米俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーさんが11月6日、東京都内で開催された、大ヒット作「ターミネーター2」(1991年)の正統な続編となるシリーズ最新作「ターミネーター:ニュー・フェイト」(ティム・ミラー監督、11月8日公開)のジャパン・プレミアに登場。法被を羽織り、シリーズのテーマ曲を和太鼓で演奏するなど、ご満悦な様子だった。

 シュワルツェネッガーさんは今回、同作プロモーションのため4年ぶりに来日を果たした。「東京のみなさん、今夜またここに来ることができて、うれしく思います。前回来日したとき、『アイルビーバック』と約束したので、戻ってまいりました」と名ぜりふを交えてあいさつし、会場に集まった観客を沸かせていた。

 イベントには今作で約28年ぶりにサラ・コナーを演じたリンダ・ハミルトンさんやグレース役のマッケンジー・デイビスさん、ダニー・ラモス役のナタリア・レイエスさん、REV-9役のガブリエル・ルナさん、ミラー監督、シュワルツェネッガーさんの吹き替え声優の玄田哲章さん、同シリーズファンという講談師の神田松之丞さんも登場した。

 「ターミネーター:ニュー・フェイト」は、「ターミネーター」「ターミネーター2」を手がけたジェームズ・キャメロン監督、T-800役のシュワルツェネッガーさん、サラ役のハミルトンさんが再集結し、「ターミネーター2」のその後の世界を描く。キャメロンさんはプロデューサーとして復帰しており、ジョン・コナー役のエドワード・ファーロングさんが同役で出演している。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る