注目映画紹介:「ひとよ」家族のやっかいさ痛感させる佐藤健主演作 兄妹役に鈴木亮平と松岡茉優

映画
映画「ひとよ」の一場面 (C)2019「ひとよ」製作委員会

 俳優の佐藤健さんが主演し、鈴木亮平さん、松岡茉優さんがその兄妹に扮(ふん)した映画「ひとよ」(白石和彌監督)が、11月8日からTOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)ほかで公開される。田中裕子さん演じる母が、15年前に起こしたある事件をきっかけに、バラバラになった家族が再生に向けてあがく姿が描かれる。「家族」について改めて考えさせられる作品だ。

 原作は、劇作家・桑原裕子さん率いる劇団「KAKUTA」の舞台作品。15年前のある夜、タクシー会社を営む稲村家で事件は起こった。それによって母こはる(田中さん)は家を去り、残された子供3人の生活も激変した。

 今、次男の雄二(佐藤さん)は、実家から距離を置き、フリーライターとして東京で暮らす。長男の大樹(鈴木さん)は地元の電気店の娘(MEGUMIさん)と結婚し、雇われ専務となり、長女の園子(松岡さん)は地元のスナックで働く。

 そんな中、こはるがひょっこり帰って来る。連絡を受けた雄二も実家に戻り、事件以来止まっていた家族の時間が動き出す……。ほかに佐々木蔵之介さん、音尾琢真さんらが出演する。

 見ながらふと、愛が深いからやっかいなのだと思った。15年ぶりに会った母。あの時に母の取った行動は自分たちを思うがゆえのものだった。それを分かりながらも複雑な思いを抱く子供たち。互いを思う心が反発し合い、要らぬいさかいを招いてしまう。いっそ他人ならどんなに楽だろうか。

 それは、タクシー会社の従業員たちのこはるへの態度を見れば明らかだ。息子との関係に悩むタクシードライバー、認知症の母を抱えて苦しむ事務員。稲村家以外にも“壊れてしまった家族”が登場する。たとえ憎くても、疎ましくても、血がつながっているからこそ簡単に切れない。半面、愛していても腹を立てたり、つらい思いをさせられたりする。それぞれの事情を抱える彼らを見ながら、改めて、家族のありがたみとやっかいさを痛感させられた。

 家族をテーマにしている点では、白石監督の「凪待ち」(2019年)に通じるところがある。しかし、あちらは血のつながりがなかったのに対して、こちらは「血縁に縛られた家族」だ。だからこその難しさや葛藤が浮き彫りになる。多くの人が考えさせられ、心をつかまれることだろう。(りんたいこ/フリーライター)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る