福原遥:念願の殺人鬼役 「こんなに早くできるんだ」と喜び 映画「羊とオオカミの恋と殺人」完成披露

映画
映画「羊とオオカミの恋と殺人」の完成披露試写会に出席した福原遥さん

 女優の福原遥さんが11月7日、東京都内で行われた映画「羊とオオカミの恋と殺人」(11月29日公開、朝倉加葉子監督)の完成披露試写会に出席。同作で殺人鬼の女子大生という異色の役を演じた福原さんは「オファーをいただいた時、ちょうどそのくらいの時期にずっと殺人鬼をやりたいって取材で話していた。こんなに早くできるんだってビックリです」と念願かなって喜んだ。

 マンガアプリ「マンガボックス」で連載された裸村さんのスプラッターラブコメディーマンガ「穴殺人」が原作。ニートで自殺志願者の青年・黒須越郎と、越郎の隣人で殺人鬼の美少女・宮市莉央の関係性を描く。杉野遥亮さんと福原さんのダブル主演で、杉野さんは映画初主演となる。

 福原さんと杉野さんが共演するのは今回が2度目。約1年ぶりに撮影現場で再会したが、福原さんは「お互い人見知りだから初対面に戻っちゃった」と苦笑い。今回は隣人役とあって、杉野さんは「2人でいる部屋のシーンが多かったので、結構話し合った。そういう時間を密に過ごせたのは大きかった」と振り返っていた。舞台あいさつには江野沢愛美さん、江口のりこさん、朝倉監督も登壇した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る