佐野玲於:「シネマファイターズ」第3弾参戦に喜び 「すてきな監督に料理してもらった」

映画
オムニバス映画「その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-」の公開記念舞台あいさつに登場した佐野玲於さん

 ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の佐野玲於さんが11月9日、東京都内で行われたオムニバス映画「その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-」の公開記念舞台あいさつに登場。五つの短編で構成される今作の中で「GHOSTING」(洞内広樹監督)に出演している佐野さんは「可能性が無限にある作品のプロジェクトですし、そこに参加できて、お届けすることができてうれしいです」と喜びを語った。

 舞台あいさつは、東京会場のTOHOシネマズ日本橋と大阪会場のTOHOシネマズなんばの様子を、相互にスクリーンに映し出し中継する形で進行。東京会場にはEXILE AKIRAさん、「FANTASTICS from EXILE TRIBE」の佐藤大樹さん、行定勲監督、洞内監督、井上博貴監督、大阪会場には「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の今市隆二さん、「EXILE」「三代目 J Soul Brothers」の小林直己さんが登場した。

 佐野さんは洞内監督について「とてもディスカッションしやすかったです」と明かし、「衣装合わせの前に30分ぐらい話し込んで、作る背景とか思いのようなものをお聞きして、『あとは任せた』みたいな感じで……。そこを知ることができたので、自分の向き合い方も違ったなと思いましたし、すごくいい現場ですてきな監督に料理してもらったなと思います」と手応えを語った。

 一方、今回が俳優デビューとなった今市さんは「初めての演技で右も左も分からない状態だったので、(監督と)信頼関係がないとどうしていいか分からない。松永(大司)監督がいてくれたから『この人についていこう』と思え、ブレずに務めさせてもらいました」とコメント。また、EXILE AKIRAさんから「早く今市の作品を見たいな、と思っています……見たんですけどね、お客さんの声を代弁しました」などと“猛プッシュ”されると、「最高の兄貴です」と照れ笑いを浮かべていた。

 佐野さんは、おすすめを聞かれると「やっぱりAKIRAさんの、すごく希望を見つけた瞬間の笑顔がすてきなので、DVDが出たときに待ち受けにしていただければなと思います」と語り、笑いを誘っていた。

 「その瞬間、僕は泣きたくなった」は、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」と「EXILE TRIBE」のコラボプロジェクト「CINEMA FIGHTERS(シネマファイターズ)」の第3弾。「On The Way」(松永監督)には今市さん、「Beautiful」(三池崇史監督)にはEXILE AKIRAさんと蓮佛美沙子さん、「海風」(行定監督)には小林さんと秋山菜津子さん、「GHOSTING」には佐野さんと畑芽育さん、「魔女に焦がれて」(井上監督)には佐藤さんと久保田紗友さんらが出演している。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る