寺島しのぶ:「時効警察はじめました」でプロレスラーに? オダギリジョーにジャーマンスープレックス 柳葉敏郎はレフリー演じる

テレビ
コメディーミステリードラマ「時効警察はじめました」第6話に出演する寺島しのぶさん(右)とオダギリジョーさん=テレビ朝日提供

 女優の寺島しのぶさんと俳優の柳葉敏郎さんが、オダギリジョーさんや麻生久美子さんらが出演するコメディーミステリードラマ「時効警察はじめました」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)の第6話(11月22日)にゲスト出演することが11月15日、明らかになった。第6話では、プロレスラーがリング上で息絶えた時効事件を、霧山(オダギリさん)が捜査する。寺島さんはプロレスラー団体のCEO、柳葉さんが彼女を“お嬢”と呼んで慕うレフェリーを演じる。

 寺島さんが演じる枕木葵は、「気合プロレス」を人気団体に押し上げたカリスマCEO。自身も「女子プロレスが全盛期だったときにクラッシュ・ギャルズさんが大好きで、しょっちゅう技を練習していた」というほどのプロレス好き。撮影初日からリングに上がり、「リングに上がれただけで、ロープをまたげただけでもう……。リングは聖域ですよ! マットの感触とかね……」と熱っぽく語る。劇中では、霧山にジャーマンスープレックスをかけるシーンもあるという。

 一方の柳葉さんは、レフェリーのシューレス猿又を演じる。柳葉さんは「出演できるなら人間の役じゃなくてもいい。なんなら墓石の役でもいいと思っていた」ほどの大ファンで、今回の出演について「最高で~す! だって、ファンなんだもん! その人たちに会えるなんて、こんな最高なことはないですよね。口元がずっとにやけてる自分がいました」と喜んでいる。

 第6話には「DDTプロレスリング」の人気プロレスラー、HARASHIMA選手が「気合プロレス」の現エース・高原本気、佐々木大輔選手が時効事件で殺された看板選手・丸山真剣、男色ディーノ選手が丸山にベルトを奪取された元チャンピオン・土倉髑髏を演じる。プロレス好きの大九明子さんが監督を務める。

 「時効警察」は、時効が成立した事件にスポットを当てたコメディーミステリー。総武警察署時効管理課の警察官である霧山修一朗が交通課の三日月しずか(麻生さん)らを巻き込んで、“趣味”で時効が成立した事件を捜査する姿を描く。

 ◇寺島しのぶさんのコメント

 ――「時効警察はじめました」出演の決め手をお聞かせください。

 出演の決め手はプロレスという題材とプロレス団体CEOという役どころでしたね。私は一時期、本気で女子プロレスラーを目指していたこともあって、女子プロレスが全盛期だったときにはクラッシュ・ギャルズさんが大好きで、当時はしょっちゅう技を練習していたんです。

 だから、撮影でも初日から興奮して! ほかの出演者が技をかけるシーンを見ていたらウズウズしちゃって、現場にいらっしゃった現役プロレスラーの方にお願いして、卍固めをかけさせていただいちゃいました。そしたら「技のかけ方が速い」と褒められて、すごくうれしくて! やっぱり体が覚えているんです(笑い)。……って、私はレスラーか!?

 昔、よく練習していたので体が勝手に動いてしまう部分は、葵を演じる上でも出せたらいいな、と思っています。今回は人生初のプロレス団体CEO、そしてプロレス技をかけるのも得意という役柄。気合を入れて臨みたいと思います!

 ――葵は「気合プロレス」のCEOでプロレス技をかけるのも得意。どんなイメージをもって役に臨みましたか?

 葵は下火になった「気合プロレス」のため、健気に頑張った人なんじゃないかなぁ、と思います。演じるにあたっては、いつものように自分であまり決め込まず、監督が望むことや共演者との掛け合いの中で芝居を作っていきましたね。その方が振れ幅も広くなって面白いし、何かがハッと生まれてきますから。実は今回、大九明子監督もプロレスがお好きだそうで、わざわざ言葉にしなくても「こういう感じですよね」と分かり合える部分があったんです。プロレス好きってやっぱり、いい人が多いですよね!

 ――実際の撮影はいかがでしたか? 何か印象的なエピソードなどはありますか?

 リングの上で撮影が始まって、いい初日を迎えられました。リングに上がれただけで、ロープをまたげただけでもう……。リングは聖域です! マットの感触とかね……。実は興奮しすぎて、劇中でもアドリブで、オダギリ(ジョー)くんに卍固めをかけちゃおうかなぁと思っていたんですけど(笑い)、肩を最近痛めたと小耳に挟んだのでやめよう、と。肩を痛めてなかったら、本当にやっちゃっていたかもしれないです。

 ◇柳葉敏郎さんのコメント

 ――「時効警察はじめました」への出演オファーが来たときのお気持ちをお聞かせください。

 以前から「時効警察」が大ファンで……! 出演できるなら人間の役じゃなくてもいい。なんなら墓石の役でもいいと思っていたほど、出演を熱望していたんです。今回やっと出演が実現し、オダギリジョーさんが演じる霧山くんにも会えて、うれしい限りです。ドラマを拝見しながら「きっと楽しい現場なんだろうなぁ」と感じていたし、「そういう現場に行ってみたいなぁ」という夢がかなって最高で~す(笑い)!

 ――今回はレフェリーのシューレス猿又を演じますが、演じる上でこだわったことはありますか?

 今回に関しては自分のこだわりはどうでもよくて、「とにかく『時効警察』の空気に溶け込めれば、それでいい!」と思っていたんですよ。おそらく今回ほど、監督のなすがままにやった仕事はエキストラ以来です。撮影中はもう“楽しんでいる自分”しかいなかったですね。目の前に、会うのが楽しみで仕方なかった生霧山がいるし、いつものメンバーがいるし……。空気を一緒に吸えている喜びでいっぱいでした! 本っ当に久しぶりに、肩に力を入れず、毎日を過ごしたなぁって思いますね。

 ――オダギリジョーさんと麻生久美子さんの印象についても教えてください。

 最高で~す! だって、ファンなんだもん! その人たちに会えるなんて、こんな最高なことはないですよね。口元がずっとにやけてる自分がいました。

 (2人にファンだと伝えたのか尋ねると……)そんなこと、恥ずかしくて言えないです(照れ笑い)。だって、ファンだから! しつこくされると、あまりいい気持ちにならないだろうし、そんな気持ちにさせたくないですから。とにかく、今回は「時効警察」のコミカルさの根底にある“現場の真剣さ”を体感させていただき、うれしかったです。「時効警察」、最高で~す!

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る